【夢占い】横断歩道の夢18選!渡る・信号の意味は運気の変化?

横断歩道

私たちの日常に溶け込んでいる横断歩道。

夢占いで横断歩道は、あなたの対人関係に関する運気や考え方を意味しています。

横断歩道や夢の状況などによっても意味合いが変わってきます。

今回は、夢占いで横断歩道の夢の意味について、見ていきたいと思います。

横断歩道を渡る夢

横断歩道横断歩道を渡る夢を見た場合には、あなたの運気の上昇を意味しています。

安全に特に問題無く横断歩道を渡る事が出来たのであれば、あなたの運気も問題なく前に進んでいける事を暗示しています。

自信わ持って自分が進むべき方向へ進んでいく事で、運気も拓けてくるでしょう。

誰かと一緒に横断歩道を渡る夢

誰かと一緒に横断歩道を渡る夢を見た場合には、あなたの対人運の上昇を意味しています。

横断歩道を一緒に渡った相手との信頼関係や関係性が深まる事を暗示しています。

相手の手助けや協力のおかげで、運気にも好影響があるでしょう。

好きな人と一緒に横断歩道を渡る夢

好きな人と一緒に横断歩道を渡る夢を見た場合には、あなたの恋愛や、相手への興味が高まっている事を意味しています。

しかし、あなたの中で恋愛に対して自分に自信が持てなかったり、不安が大きくなってしまっている事を暗示しています。

まずは、しっかりと自分磨きをする事で自信をつければ運気も好転していくでしょう。

横断歩道で人とすれ違う夢

横断歩道で誰かしら人とすれ違う夢を見た場合には、夢からあなたへのメッセージがある事を意味しています。

横断歩道ですれ違った人物が発する印象や、言葉など、あなたの日常に役立つメッセージが潜んでいます。

また、日常生活でも周囲の人たちからヒントを得ることがありそうですので、少し意識して見ると良いでしょう。

横断歩道の途中で立ち止まる夢

横断歩道を渡っている途中で何らかの理由で立ち止まる夢を見た場合には、あなたの運気の停滞を意味しています。

今のあなたは変化や成長のタイミングにいるようですが、あなた自身が心の準備が出来ずに前に進む事が出来ずにいる事を暗示しています。

無理して進んでも良い結果は得にくい状態ですから、まずはしっかりと準備を整えると良いでしょう。

横断歩道を交通量が多くて渡れない夢

信号機が無い横断歩道などで、交通量が多くて横断歩道を渡る事が出来ない夢を見た場合には、あなたの運気の停滞を意味しています。

あなたが自分の考えにこだわりすぎたり、臨機応変な対応をとる事が出来ずに、物事が行き詰まるという暗示しています。

周囲を見渡して、他の方法や考え方がないか視野を広げて見ると良いでしょう。

横断歩道を人混みで渡れない夢

人が多くて混雑していたり、人混みが凄くて横断歩道を渡れない夢を見た場合には、あなたの対人運の低下を意味しています。

上手く人混みをくぐる事が出来なかったり、人とぶつかってしまうような場合にも、あなたが対人トラブルに巻き込まれる事を暗示しています。

しかし、いつまでも渡らずにいる訳にもいきませんので、しっかり準備をして、タイミングを見つつ思い切って飛び込む勇気も必要になってくるでしょう。

分岐する横断歩道の夢

先が二つ、三つやスクランブル交差点などの複数に分岐する横断歩道の夢を見た場合には、あなたの運気が運気の分岐点にいる事を意味しています。

交差点が分岐するように、あなたに沢山の選択肢がある事を暗示しています。

あなたの今後を左右する選択になりますので、良く見定める事で運気好転のきっかけを掴む事が出来るでしょう。

横断歩道を走る夢

横断歩道を走る夢を見た場合には、あなたの運気の上昇を意味しています。

あなたのエネルギーが高まっていて、目標に向かって勢いよく進んでいける事を暗示しています。

横断歩道を走る足取りが軽快だったのであれば、あなたの運気もどんどん高まっていくでしょう。

横断歩道を渡りきれない夢

横断歩道を渡りきれない夢を見た場合には、あなたの運気の停滞を意味しています。

今何かに取り組むには時期尚早であり、実力や準備不足であることを暗示しています。

無理矢理何かを始めたとしても、すぐに暗礁に乗り上げてしまい、上手くいかないので、今は準備をしつつ、タイミングを見計らうと良いでしょう。

横断歩道で信号が変わりかけている夢

横断歩道で信号が変わりかけている夢を見た場合には、あなたの運気の低下を意味しています。

ふとしたきっかけで、仕事や対人関係でのトラブルが発生する事を暗示しています。

信号が変わりかけている横断歩道を渡るのか渡らないのか、あなたの判断が試される時です。

悔いの無い選択が出来るように日頃から自分がどうしたいのか見つめ直しておくと良いでしょう。

信号が赤のまま変わらず横断歩道を渡れない夢

信号がずっと赤のまま変わらずに横断歩道を渡れない夢を見た場合には、あなたの運気の低下を意味しています。

あなたには目標やゴールが見えているにも関わらず、何かしら邪魔が入ったりして上手く進まない事を暗示しています。

特に人間関係のトラブルや足を引っ張られるような事がありそうですので、上手くかわしたり、乗り越えていきましょう。

雨の横断歩道の夢

雨の横断歩道の夢を見た場合には、あなたの感情や夢の印象によって意味合いが変わってきます。

雨の横断歩道で嫌な気分にならなかったり、心地よく感じる様な夢だった場合には、あなたの運気の好転を意味しています。

これまでの悪い流れを洗い流して、新たな幸運やチャンスを届ける恵みの雨となるでしょう。

しかし、あまり良い感情や印象でない夢だった場合には、あなたの目標へ進む過程に困難降りかかる事を意味しています。

手を繋いで横断歩道を渡る夢

誰かと手を繋いで横断歩道を渡る夢を見た場合には、あなたの対人運の高まりを意味しています。

知っている人と手を繋いで横断歩道を渡る夢だった場合には、相手との関係や絆が深まる事を暗示しています。

知らない人と手を繋いで横断歩道を渡る夢だった場合には、異性、同性問わず、良縁が訪れる事を暗示しています。

横断歩道で話しかけられる夢

横断歩道で誰かに話かけられる夢を見た場合には、あなたの対人運の上昇を意味しています。

横断歩道で話しかけられるのは、あなたに支援者や協力者が現れる事を意味しています。

周囲の支援やアドバイスに大切なチャンスやヒントがあったりしますので、良い人間関係を築いておくと良いでしょう。

横断歩道が工事中の夢

横断歩道が工事中の夢を見た場合には、あなたの運気の好転を意味しています。

自分自身を客観的に見つめ直して、直すべきところを直していく事で、運気が好転していく暗示です。

冷静さを忘れずに、一見遠回しに見えてもしっかりと改善していくと良いでしょう。

横断歩道で事故に遭う夢

横断歩道で事故に遭う夢を見た場合には、あなたの運気の低下を意味しています。

トラブルに巻き込まれたり、身近でトラブル起きる事を暗示しています。

なるべく危険そうな事には関わらないように距離を取ったほう方が良いでしょう。

横断歩道の手前で立ち止まる夢

横断歩道の手前で立ち止まる夢は、あなたの慎重さや臆病さを意味しています。

今のままの日常に満足していれば特に問題は無いですが、もしも現状に不満があって変えたいと思っているのであれば、前へ踏み出す勇気が必要である事を夢が暗示しています。

横断歩道の夢占いまとめ

横断歩道の夢占いについて解説してきました。

基本的に横断歩道を渡り切れれば吉夢、渡りきれないなら凶夢とも判断できますが、横断歩道や渡った先の状況などでも意味合いが変わってきます。

あなたの運気や今後を知る事が出来る夢ですので、夢占いが日常生活の役に立つと幸いです。


運気を引き寄せ
願望成就へ導く


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です