【夢占い】お金。数える・足りない・ない夢

Pocket

お金を数える夢

お金を数えることに関する夢には、仕事に関する暗示や、意外と恋愛に関する暗示であることが多いです。

数えているお金の量や種類などのシチュエーションによっても内容が変わってきます。

夢で数えた、お金の量

お金の量による夢の内容の違いを説明します。

ただ単に、数えきれる程度の量のお金を数えている夢の場合は、仕事において効率面で上手くいく予兆です。

いわゆる仕事がテキパキ出来るタイプという風に周りからも認められているのかもしれません。

これまでのコツコツと頑張って来たことが認められるタイミングがきたという暗示です。

しかし、数えきれないほどの大金を数えているとなると、注意が必要です。

あなた自身がお金をコントロールできずに、散財してしまうということを暗示しています。

無駄な出費をしないように、気持ちと財布の紐をきちんと引き締めましょう。

夢で数えた、お金の種類

スポンサードリンク

紙幣を数える夢を見た場合には、あなたの結婚の適齢期を暗示していると言われます。

1万円札が10の位、1000円札が1の位を表していますので、3万2千円なら32歳が適齢期となります。

数字がはっきりしない場合は、婚期もはっきりしないものの、結婚運は上がっていることを示しています。

また、金額があまりに多い場合は上記に説明したように、結婚以外のことを暗示した夢だと癇癪出来ますので、数えきれるか数えきれないかなどで判断をするのが良いでしょう。

そして、あなたが夢の中でお札ではなく、硬貨を数える夢を見た場合は、恋愛において孤独感を抱えているという暗示になります。

硬貨というのは、あなたが自信をなくしたりしていて、気持ちも小さくなってしまっている状態を示しています。

一度冷静になって、今の自分の状態を観察してみると、いい兆しが見えるきっかけになるかもしれません。

お金がない、足りない夢

あなたがもし、お金がない、足りない夢を見た場合は、あなたの健康が損なわれている可能性や、あなた自身が愛情の不足を感じている、仕事や勉強に対して情熱が減ってきているということを暗示しています。

この夢は、現実にもそのままの意味をしています。

なので、お金が無くなっていく=愛情不足だったり、試験や資格勉強に対する意欲が低下していることを暗示しています。

また、健康面での「不安」を感じている人がこの夢を見たら、健康診断や積極的に色々な気になる部分の「健診」を受けることをおすすめします^^

注意が必要な夢の内容ですね。

スポンサードリンク

人に言えない悩みや不安

こっそり相談してみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です