【夢占い】銀行の夢16選!働く・口座・行く意味は金運を現す?

日常生活に欠かせない銀行ですが、夢占いではどのような意味があるのでしょうか。

夢占いで銀行の夢には、エネルギー値や仕事、人間関係について表している場合が多いです。

今回は、銀行の夢について、銀行強盗に居合わせる、銀行で働く、銀行に行く、銀行口座の夢などシチュエーション別に解説していきます。

 

銀行強盗に居合わせる夢

銀行強盗に居合わす夢を見た場合には、実は「逆夢」とされています。

ですので、とても怖い夢ですが「吉夢」といえます。

銀行強盗がお金を持ち去ったのであれば、あなたの元に近々良いことが怒るという暗示です。

しかし、あなたの知り合いや友人が銀行強盗をしてる場面に居合わせたのであれば注意が必要です。

この人物との関係に対する警告夢となり、トラブルの暗示です。

金運や対人運の低下が見られますので、夢の中で銀行強盗をしていた知人や、怪しい人物とは、しばらく距離を置いた方がいいでしょう。

 

銀行強盗する夢

あなた自身が銀行強盗をする夢を見た場合には、あなたがもっと楽して結果を得たい、もっと周りから評価を得たいと思っているという暗示です。

現状に不満を持っている事が原因で、銀行強盗をする夢を見たようです。

ストレスが溜まっていたり、人間関係の不満や愛情不足を感じているようです。

 

しかし、適切な努力をせずに結果や評価だけを得たいというのは、危険ですので注意が必要です。

あなたの思いとは反対に周りからの評価を落としてしまい、ますます自分の思いとかけ離れた結果になる。

そんなことにもなりかねませんので、自分の考えが甘くないか見直す事も必要です。

 

銀行に行く夢

夢占いで銀行に行くというのは、あなたが自分に自信を持っているという事の現われです。

銀行というのは、高いエネルギーの象徴ですから、そこに自ら行くというのは、あなたが高いエネルギーを受け取る準備が出来たという自信に満ち溢れてるっという現れです。

運気も上昇していますので、次のステップや新しいことに挑戦する良いタイミングです。

今後の成長や飛躍が期待できます。

 

銀行でお金をおろす夢

銀行に行ってお金をおろす夢を見た場合には、あなたのこれまでの努力や、新しい才能が芽を開くという暗示です。

運気全般が高まっており、特に人間関係や恋愛運の上昇が見られます。

良好な人間関係に恵まれ、協力を得て物事がスムーズに進むでしょう。

 

また、あなたに何かやり残したことや思い残したことがある時にも、銀行でお金をおろす夢をみる事があります。

やり残した事に対する気持ちがまだ残っているという暗示になります。

銀行口座からお金をおろせない夢

お金をおろしに行ったのに銀行口座から引き出すことが出来ない場合には注意が必要です。

あなたが自分に自信を失っていたり、才能やエネルギーを上手く発揮できていないという暗示です。

何かひっかかる事があったり、障害となっている事がありそうです。

物事が上手くいかないと感じたら、がむしゃらに頑張るのではなく、一歩引いて冷静に原因を探ってみましょう。

銀行口座に預金が無いの夢

銀行口座に預金がない夢を見た場合には、あなたが自身やエネルギーを失っているという暗示です。

仕事で失敗したり、怒られたり、人間関係や恋愛で思ったようにいかなかったりと、自信を無くすような事がありませんでしたか。

心身ともに疲れがたまっているようですので、休息やリフレッシュが必要です。

何をやっても上手くいかない時期というのは誰にでもありますから、前向きに上手く乗り切っていきましょう。

銀行口座にお金が振り込まれている夢

銀行口座にお金が振り込まれている夢を見た場合には、あなたの運気の上昇を意味する吉夢になります。

あなたの頑張りや才能が身を結び、人から認められたり、アイデアや結果に結び付くことを暗示しています。

思ったことや閃いた事は実行してみると良いでしょう。

銀行で融資を受ける夢

銀行から融資を受ける夢を見た場合には、あなたの対人運の上昇を意味しています。

あなたがトラブルに巻き込まれたとしても、救いの手を差し伸べてくれる人が現れる暗示です。

感謝の気持ちを忘れずに恩返しすることで、運気も良い流れになって行くでしょう。

銀行のATMを探す夢

銀行のATMを探す夢を見た場合には、あなたの運気の低迷を意味しています。

あなたのやる気や、早く成果を出したいという気持ちが空回りしてしまう事を暗示しています。

少し落ち着いて、焦らずひとつづつ着実に進むことで、結果的に早く目標を達成する事が出来るでしょう。

銀行のATMが故障する夢

銀行のATMが故障する夢を見た場合には、あなたの運気の低下を意味しています。

あなたにストレスや不満が溜まっていて、気持ちに余裕が無くなっている事を暗示しています。

早めにリフレッシュするなどしてストレス発散するようにした方が良いという、夢からのメッセージになります。

銀行で振り込みをする夢

銀行で振り込みをする夢を見た場合には、あなたの金運の上昇を意味する逆夢になります。

思わず臨時収入や収入のアップなどが期待できそうです。

夢の中に金運アップのヒントが隠されていますので、出てきた物や状況などを良く思い出してみると良いでしょう。

銀行のカードの夢

銀行のカードが印象的な夢を見た場合は、あなたの対人運や金運を意味しています。

銀行のカードを作ったり、拾って貰うなどの良い印象の夢だった場合には、あなたの運気の上昇を暗示しています。

銀行のカードを無くしたり、壊したりするような悪い印象の夢だった場合には、運気の低下を暗示していますので注意した方が良さそうです。

銀行員の夢

銀行員が出てくる夢を見た場合には、銀行員の対応や印象が大切になってきます。

銀行員の対応や印象は、現実世界でのあなたの対人関係の状況や不満を現わしています。

 

銀行員の対応が良く、良い印象だった場合には、あなたが周りにもっと認められたい、優しくされたいといった思いを持っているようです。

時分では頑張っている、上手くやっているのに成果に結びつかない、という時に見る事が多いようです。

 

また、銀行員の対応が悪く、悪い印象の夢だった場合には、あなたが対人関係で不満やストレスを感じているという暗示です。

人間関係が上手くいかず、冷たく対応されたり、ソリの合わない相手が周りにいませんか。

そういったストレスが溜まっているようです。

銀行で働く夢

あなたが銀行で働く夢を見た場合には、あなたが安定や堅実性という事を望んでいるという暗示です。

現実でも、着実に一歩づつ物事が進展しているという暗示でもあり、運気も安定しているようです。

しかし、心の奥底には自分ならもっとやれる、こんなものじゃないといった野心も見え隠れしています。

銀行に預金する夢

銀行にお金を預金したり貯金したりする夢を見た場合には、あなたの運気の上昇を意味しています。

これまで積み上げてきたことが周囲に認められたり、自分の力となって、結果に繋がり事になりそうです。

仕事が順調に進んだり、異性との関係が進展したりと物事がスムーズに進行していくでしょう。

銀行の通帳の夢

銀行の通帳の夢を見た場合には、あなたの金運の上昇を意味しています。

仕事もスムーズに進みやすい時期ですので、思わぬ臨時収入や、昇進や出世などが期待できそうです。

無駄な散財に気を付ければ、運気にも良い影響を与えてくれるでしょう。

銀行の夢占いの意味まとめ

銀行の夢占いについて詳しく解説してきました。

あなたの金運や対人運を表す事が多いですが、状況や感情によっても意味合いが変わってきます。

夢の内容を良く思い出してメッセージを受け取って、日常生活の役に立てて頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です