小倉崇以医師の読み方・大学や年齢は?【ecmo(エクモ)スペシャリスト】

新型コロナから人々を救う希望の光。

重症患者を救う為の最終兵器、『ECMO(エクモ)』のスペシャリストとして、日本中を奔走し、新型コロナ重症患者の最後の砦として、命を守る奇蹟の医師・小倉崇以氏。

この記事では、小倉崇以医師の名前の読み方や年齢、出身高校や大学について、そしてecmo(エクモ)スペシャリストとしての顔や経歴についてご紹介していきます。

小倉崇以医師の読み方や年齢などプロフィール

それでは、小倉崇以医師のプロフィールについて、詳しく紹介していきます。

プロフィール

救命救急医/小倉崇以】 1983年栃木県生まれ。東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業。初期臨床研修医として病院勤務をスタート。2009年、世界的なインフルエンザパンデミックの際に、日本の感染症対策に危機感を感じ臨床を重ねながら海外留学を志す。 2015年イギリスCambridge University Health Partner, Papworth Hospitalに留学しECMOを研修。

2018年からの栃木県内の病院で救命救急医として勤務。 去年のダイヤモンドプリンセス号でのコロナ感染をきっかけに立ち上がったエクモネットワークの中心メンバーとして全国での講習会や、エクモを扱う医師のサポートを続けている。

https://tv.yahoo.co.jp/program/84002455

小倉崇以医師の読み方は?

小倉崇以医師の名前の読み方は「おぐら たかよし」です。

ちょっと珍しく、なかなか見ることのない漢字を使われていますので、初見では読めない方も多かったのではないでしょうか。

お名前に使用されている漢字の、「崇」という字にも、「以」という字にも、最後までやり抜く、明確な意志を持ち、貫き通すといった意味合いが含まれています。

当初、新型コロナが猛威を振るう医療の最前線で、国内に1400台あるecmo(エクモ)を使える医師は、なんとたったの60人だったと言われています。

小倉崇以医師は自ら最前線での臨床に戦い、命を救い続けながらも、日本中でecmo(エクモ)の研修を行い続けてきました。

正に名前通りの活躍で、小倉崇以医師の生き方を体現している名前といっても過言ではありません。

小倉崇以医師の年齢は?

名前:小倉崇以(おぐら たかよし)

生年月日:1983年生まれ

年齢:37

出身:栃木県宇都宮市

血液型:不明

趣味:美味しい物巡り・旅行

小倉崇以医師の年齢は、2021年現在では37です!

爽やかでイケメンの、聡明かつ落ち着いた雰囲気の漂う小倉崇以医師。

どっしりとした強いオーラも感じますね!

まだまだお若いですが、沢山の人々の命を守っている姿には、まさに尊敬の念を感じます。

小倉崇以医師の出身大学は?

小倉崇以医師の出身大学は、東京慈恵会医科大学医学部です。

生徒の自主性や多様性を重んじる校風で、医学部の偏差値は70以上です。

臨床向けで実践的な講義も好評で、現場で活躍できる人材が輩出されやすい環境のようです。

小倉崇以医師は、ecmo(エクモ)を学ぶために自ら率先して渡英したり、日本中で新型コロナと戦いながらも、ecmo(エクモ)の研修を全国で広めたりしています。

そんな小倉崇以医師の積極性も、大学生活を通じて、より一層育まれたのかも知れませんね。

小倉崇以医師まとめ

沢山の命を救う小倉崇以医師の背中を見て、医療関係を志す人々も増えるのではないでしょうか。

医療に携わる方々の認知度や社会的地位の向上に繋がり、医療制度がより整備されていくことを期待します。

お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です