あしたのジョーの映画の出演者は?声優、俳優、歌手は?戦績や名言は?

Pocket

ヒーロー・矢吹丈とは?

「あしたのジョー」の主人公。天才的なボクサーで、階級はバンタム級。

伝説的なボクシングマンガの主人公です。

様々なドラマがあり、ファンも多い作品です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ジョーの戦績は?

 

全戦績 24戦19勝19KO5敗1分(16戦目カーロス・リベラを引き分けとした場合)

1.村瀬武夫 6回戦 ○1RKO
2.沢井精二 6回戦 ○2RKO
3.遠山充造 6回戦 ○
4.沼川洋 6回戦 ○
5.野口講一 6回戦 ○
6.ウルフ金串 6回戦 ○3RKO
7.力石徹 8回戦 ●8RKO
8.殿谷浩介 8回戦 ○1RKO
9.? ○KO
10.? ○KO
11.? ○KO
12.? ○KO
13.タイガー尾崎(日本バンタム級チャンピオン) ●2RTKO
14.原島龍(日本バンタム級1位) ●3RTKO
15.南郷浩二(日本バンタム級2位) ●1R反則?
エキジビション4回戦 カーロス・リベラ(ベネズエラ)(世界バンタム級6位)
16.カーロス・リベラ 10回戦 ?
17.ウスマン・ソムキット(タイ)(東洋バンタム級5位) ○1RKO
18.金敏腕(韓国バンタム級チャンピオン) ○4RKO
19.エディ・ベイセラ(アルゼンチンJフェザー級) ○6RTKO
20.ターニー・アロンゾ(フィリピン)(東洋バンタム級3位) ○2RKO
21.金竜飛(韓国)(東洋バンタム級チャンピオン) ○6RKO
※東洋タイトル獲得
22.ピナン・サラワク(シンガポール)(東洋バンタム級3位) ○2RTKO
※東洋タイトル防衛
23.ハリマオ(マレーシア) ○4RKO
※東洋タイトル防衛
24.ホセ・メンドーサ(メキシコ)(世界バンタム級チャンピオン)●15R判定
※世界タイトル挑戦、失敗

 

あらためて、こうやって全戦歴を見ると、勝ち星だけでなく意外と負けがあることが分かります。

負けがあるからこそ、そこからの復活がドラマティックな展開になっていく魅力なのかも知れませんね。

 

あしたのジョー名言集

「ひじを左わきからはなさない心がまえで、やや内角をねらい、えぐりこむようにして、打つべし!打つべし!打つべし!打つべし!」

「強くなるぜ…おっちゃんの期待にそえるようにな。力石にも…負けねえよ!」

多くの人が映像と共にイメージできるような印象的で有名な言葉が多いです。

ジョーのセリフ以外にもたくさんの印象深い言葉がありました。

当時、みんな熱狂しましたね。

 

ジョーの最後の言葉は?

「燃えたよ…
まっ白に…燃えつきた…
まっ白な灰に…」

スポンサードリンク

議論を呼ぶ、最後のセリフです。

死んでしまったのか、そうではないのか、どちらとも取れるような終わり方です。

真実は、どうなんでしょうか、、

 

ジョーの年齢や身長は?

 

身長はジョーが165cm

警察に捕まった時15歳、プロテスト合格17歳、力石戦18歳、ホセ戦21歳くらいです

 

165センチと言うのは、決して大きくはないです。

そして、ホセ戦で21歳とかなり若いですよね。

小柄な体で名だたる強敵と戦っていたのですね。

 

灰?死んだ?最終回の、その後は?

 

段平が「ジョー……」と呟いた後に例のラストシーンなので、段平が何に気がついたのかは描かれていません。

しかし、ジョーが試合に疲れて休んでいるだけなら異変に気づいたような素振りをするはずがないので、「段平がジョーの死に気づいたのではないか」といわれ、それがジョーの死だといわれているわけです。

ちなみにアニメ・劇場版「あしたのジョー2」では、段平が驚いて後ろずさりをする上に、観客が総立ちになり、葉子は呆然としてグローブを落とすという演出になっていますが、これではジョーが死んだことが丸分かりです。

出崎監督はジョーを生きているものとして描いているらしいのですが、このシーンを見てジョーが生きていると思う人は誰もいないでしょう。

私は「あしたのジョー2」は大変優れたアニメだと思いますが、このラストシーンだけは致命的な演出ミスだと思います。

 

物語には、どうなったのか分からないようなまま終わるというものもあります。

「明日のジョー」もそういったものと終わりで結末をはっきりさせないタイプのエンディングです。

この終わり方が、いつまでたっても人々の興味を引き立てるのしょうね。

 

ジョーの声優は?

矢吹 丈(やぶき じょう)

声 –

あおい輝彦(ダイハツ・タントカスタムCM含む)

富山敬(パイロットフィルム版) 

安原義人(ラジオドラマ版)

 

何人かの人が役をやっていますが、あおい輝彦さんの声が印象深く耳に残っている人が多いと思います。

 

映画の出演俳優は?

演 – 石橋正次(1970年実写映画版) / 山下智久(2011年実写映画版)

実写版の映画もありました。

賛否両論ありますが、実写にするのが大変な部分もあったのだと思います。

出演者の方々の身体づくりもストイックで、話題になりましたね。

 

主題歌、歌手は?

オープニングテーマ「あしたのジョー」

作詞 – 寺山修司 

作曲・編曲 – 八木正生 

歌 – 尾藤イサオ

 

この曲も非常に有名なものです。

聞けばすぐに分かる人も多いと思います。

世代が違う子どもにも、かなり浸透していますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です