コンビニ弁当は危険?嘘?健康的な選び方や賞味期限切れはいつまで?太る?

Pocket

危険性は嘘?本当?

コンビニ弁当が危険というのは嘘なのでしょうか?
結論から言いますと、半分本当で半分嘘です。

というのもコンビニ弁当を毎日食べ続けたら添加物よりも健康被害がでる可能性があるからです。

 

スポンサードリンク

よくコンビニ弁当には「添加物」が入っていると言われていますが、これには「食中毒予防」や「見た目の良さ」や「おしく見せる」ためだと言われています。食べ続けても健康被害は出ない程度だと発表されていますが、毎日食べ続ければやはりそれなりに健康被害は出てくるかと思います^^;

そこで「セブンイレブン」では、添加物入りの弁当を減らす努力をしているそうです◎

添加物の比較は?

最下位のローソンは専門家から「すべての商品で添加物を減らそうという意図がまったくないように感じられる。スイーツで人工甘味料を使っているのはローソンだけ。セレクトとかプレミアムという言葉にふさわしくない」サンザンの評価なのだ。

添加物の量を各コンビニ比べてみると1番多く添加物を使用しているのは「ローソン」ということが分かりました。しかも、ローソンは改善するつもりはないようなんです^^;

ちなみに1位は先程も「添加物を減らす努力をする」としている「セブンイレブン」が安全性が高いことが分かりました◎添加物が多そうですが、個人的にはローソンの「からあげクン」好きですけどね(笑)

添加物の種類は?

1・油まみれのおにぎり(pH調整剤)

2・添加物の王様:菓子パンやお菓子・飲料(トランス脂肪酸、砂糖、イーストフード)

3・漂白剤のプールにつけられたカット野菜

このように、コンビニのお弁当には、添加物がたくさん多く入っています。油まみれのおにぎりって……嫌ですよね( ;∀;)ノしかもパンなどに含まれる「トランス脂肪酸」さんにはなんと、アレルギーやガン、不妊、認知症などその他多くの悪影響が報告されているそうです^^;

この「トランス脂肪酸」はアメリカでは使用を「禁止」しているそうです!

健康的な選び方は?

★カルシウム:ヨーグルト、牛乳、チーズなどの乳製品、魚の缶詰(サバ味噌煮缶、イワシ蒲焼きなど)など
★たんぱく質:ゆで卵、ヨーグルト、枝豆、納豆、豆乳、サラダチキン、魚の缶詰(サバ味噌煮缶、イワシ蒲焼きなど)など
★食物繊維:大麦入りスープ、枝豆・納豆
★鉄分:卵(卵黄)、ほうれん草のおひたしなど
添加物が多いことで知られている『コンビニ弁当』です。ワンコインで食べる事が出来るお弁当が多く、人気ですが、菓子パンに揚げ物や、カップラーメン、添加物の多いお弁当などばかりをずっと食べると栄養面にも健康的にも問題が出てきます。
いまは『コンビニダイエット』という言葉もあるように、ヨーグルトや豆乳、ゆでたまごやサラダ、ささみや焼き鳥などを選べばヘルシーなうえに健康的にも問題ありません◎

賞味期限切れはいつまで大丈夫?

★消費期限=安心して食べられる期限

★賞味期限=おいしく食べられる期限となります。

もっと手っ取り早く言うと、賞味期限切れの食べ物より消費期限切れの食べ物の方が、お腹を壊す可能性が高いです。
まぁ、季節にもよりますし、ずっと冷蔵庫に入れていたとして..,1日か2日までなのかなぁ?けど、あまり賞味期限切れのものはなるべく食べないで下さいね^^

太るといわれる理由は?

1:塩分が多い
2:油が低品質すぎる
3:添加物が多すぎる
コンビニ弁当が太りやすい理由は、なんとなく分かりますよね^^;
添加物を取り続けると太ると言われていますし、コンビニ弁当に多く使われている『塩分』も多く摂取すると太ると言われています!お手軽で美味しいですが、健康面、経済面においても自炊が1番ですね^^♪
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です