カフェラテ。カプチーノやカフェモカと違いは甘さ?カロリーやカフェインは?

Pocket

カプチーノとの違いは?

どちらもイタリア発エスプレッソ+ミルクと言うところは同じです。
何が違うかと言うとミルクが量と質が違います。ここがポイント。
カフェラテは上記のとおり20:80ミルクはスチームミルク (泡が立たないよう温めたミルク) 。
カプチーノエスプレッソ3に対してスチームミルク3、フォームミルク4、の割合 (フォームミルクとは蒸気で泡立てた牛乳のこと) 。

スポンサードリンク

 

「カフェラテ」と「カプチーノ」はどちらも「エスプレッソ」から作られているのは同じですが、違いは「温めたミルク」を注いで作るのが「カフェラテ」で、「ミルクを泡立てた」のが「カプチーノ」になります^^♪

カプチーノとの甘さの違いは?

カフェオレ・ラテ・モカ・カプチーノ砂糖やミルクの分量、コーヒーが違うため甘さも変わってきます。

甘さの順番は、カフェモカ>カプチーノ>カフェオレ>カフェラテです。

カフェモカはカフェラテにチョコレートやチョコシロップを入れるため「甘い」飲み物になります★そしてカフェラテは1番苦みを感じるので苦いのがダメな人はカフェラテは飲まないようにしましょうね♪

カフェモカとの違いは?

エスプレッソをベースに、温めたミルクに加え、チョコレートシロップを加えたものを指します。

チョコレートシロップを加えることで甘みが加わり、風味も変わりますね。カプチーノやカフェラテにちょっと飽きてしまった時や、疲れて甘い飲み物が飲みたい時などは、気分を変えてみるのも良いかもしれませんね。

「カフェモカ」は先程も説明したように、カフェラテにチョコシロップを加えた「甘い飲み物」になります♪この「カフェモカ」と似ている飲み物が「ウインナーコーヒー」があります。ウインナーコーヒーはコーヒーに生クリームを加えた飲み物です^^♪甘い物が飲みたくなってきた時にはおすすめですね(^_-)-☆

カロリーの目安は?

カフェラテコーヒー20%:ミルク80%の配分で作られることが多いです。

カロリー100mlあたり55kcal程度カフェオレより高くなるので注意してください。

カフェラテはカフェオレよりもカロリーが高くなりますが、ミルクを豆乳や低脂肪乳に代える事でカロリーはまた下がります◎カロリーが気になる人は工夫して飲むといいかもしれませんね★

カフェイン含有量は?

カフェラテカフェモカ100mlあたりカフェイン量約「47mg」です。

これは量が多いです!

人は1日のカフェイン摂取量の規定量は「400㎎」となっているので、この規定量を守りましょうね♪また、妊婦さんの「カフェイン摂取」は胎児に悪影響を及ぼすため、カフェインレスかノンカフェインと表示されている飲み物を飲むことをおすすめします♪

カプチーノとの違いは?

 

まずはコーヒーの抽出方法カフェオレが、ネルやペーパードリップしたコーヒーを使うのに対し、カプチーノで使われるのはエスプレッソ

そして牛乳。まずカプチーノで使われているのは、蒸気でふわふわに泡立ったフォームドミルク。そしてカフェオレは、温かい牛乳を使うところは同じだが、カフェオレが鍋に入れて火にかけ温めた牛乳のことが多い。

 

カフェオレもカプチーノもどちらも美味しいですよね★特に寒い冬に飲むと体も温まります♪では、この2つの違いって分かりますか?いまいち何が違うか分からない人も意外に多いのかな?と思います。

どちらも同じ「イタリア語」でコーヒーは「エスプレッソ」を使用するところが同じですが、「ミルク」の「質」が違います。カフェオレは温めたミルクを入れますが、カプチーノは「泡立てた」ミルクを注ぐということが違います◎

カフェモカとの違いは?

カフェモカは、エスプレッソにホイップクリーム、チョコレートシロップを加えたものだが、カフェラテにチョコレートを加えたものを指すことが多い。 割合は、エスプレッソ2割、スチームミルク7割、チョコレートシロップ1割。

上記の説明にもあるように最近で言う「カフェモカ」はカフェラテに「チョコレート」や「チョコシロップ」を加えたものを言うことが多いようです★これと似た飲み物に「ウインナーコーヒー」があります^^ウインナーコーヒーは生クリームを乗せます◎私は「ブラック」が好きですが、疲れた時などたまに、このような甘いコーヒーを飲むと「ホッ」とするし、美味しいんですよね~♪

コーヒー牛乳との違いは?

味そのものすら別物であるコーヒーとカフェオレですが、明確な違いというのは難しいものです。コーヒー牛乳は、牛乳・コーヒー・砂糖などで作る乳飲料です。

カフェオレは、深煎りコーヒーに牛乳を加えた飲み物のこと。コーヒー牛乳もカフェオレも原料としてはほぼ同じと言えてしまいます。

コーヒー牛乳とカフェオレ、似ているようで違うのです!まず、主役が違うそうです◎カフェオレは「牛乳」がメインなのに対し、カフェオレは「コーヒー」がメインです。またカフェイン量もコーヒー牛乳よりカフェラテの方が多く含まれています。そのため、コーヒー牛乳は子供でも飲める飲料なのですね★また、コーヒー牛乳には砂糖も含まれているので甘いイメージがありますよね^^♪

 

 

 

 

 

 

 

マキアートとは?意味は?

カフェ・マキアートとは1ショットのエスプレッソに少量のフォームドミルクを注いだものである。

本来はエスプレッソスプーン1杯程度のミルクを注いだものですが、お店によってはエスプレッソとミルクの割合が1:1で加えたりとばらつきがある。

「マキアート」は濃いエスプレッソに泡立てて作られたミルクで作る飲み物です★私は「キャラメルマキアート」が好きですが、この泡立てたミルクがまた美味しいんですよね♪

今回は「マキアート」のお話をいたいと思います^^♪

ラテとの違いは?

★カフェラテ「エスプレッソ+牛乳」

カフェラテは「コーヒー・牛乳」と言う意味のイタリア語です
★マキアート「エスプレッソ+少量で泡立てられた牛乳」
一方マキアート とはエスプレッソにプラス少量のフォームドミルクを注ぎ作られたものです。

「カフェラテ」と「マキアート」の違いには、どちらも「エスプレッソにミルク」は同じなのですが違いはミルクの「質」にあります。ラテは「そのまま」の牛乳を注ぎますが、「マキアート」の場合は蒸気などで「泡立てたミルク」を用いて作られます★

カプチーノとの違いは?

【カプチーノ】
エスプレッソスチームドミルクフォームドミルク各1/3ずつ注ぎ混ぜてできたもの。ふんわりと泡で覆われているのが特徴。
【カフェマキアート】
エスプレッソ少量のフォームドミルクを加えたもの。エスプレッソに注いだミルクが「染み」みたいに見えるところから由来は来ている。

カプチーノとカフェラテが間違えやすいのですが、「カプチーノ」の場合エスプレッソに「スチームドミルク」と「フォームドミルク」を注ぐのに対し、カフェラテもスチームドミルクで作りますが泡の量がカプチーノよりも少ないことが特徴です★

マキアートパスタって?

『スタバでお馴染みの「マキアート」は、「染みをつけた」という意味。
ミニトマトでそのシミを表現した、なんとも可愛らしいパスタです(*´エ`*)
ニンニク&赤唐辛子オイルにミニトマトを加え、後はパスタを茹で汁+オイルで乳化・・・なだけなんですが、簡単ですぐに出来る上に美味しくて、更には見た目も可愛いです♪』

「マキアート」の意味は「イタリア語」で「染みついた」という意味です。そしてイタリアンでも「マキアートパスタ」とやらがあるそうです^^♪ニンニクと赤唐辛子のオイルにミニトマト、「ペペロンチーノ」な雰囲気も感じますが美味しそうですよね(^O^)/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です