パイロットになるには大学や高校、海外も?費用や条件、視力や身長、女性は?

Pocket

大学は?

航空会社のパイロットになるための方法は大きく3つあります。

1つは、JALANAが募集する未経験者対象の自社養成パイロットに応募する方法

2つ航空大学校に進学して、資格取得後に応募する方法。

3つめ大学・専門学校航空会社の有資格者採用に応募する方法です。

 

スポンサードリンク

 

今回は「パイロットになるには」について詳しくリサーチしていきたいと思います^^♪

パイロットになりたい人、パイロットのお仕事に興味がある人の役に立てれば嬉しいです☆  さて、パイロットは航空業界の中で最も「難関」の職業と言われています。視力が良くないといけない?身長は低い方がいい?などの噂も解明していきましょう♬

また、パイロットになるためには上記のように3つの方法があるようです!CAと同じように専門学校で学べたり、パイロットの場合は「航空大学」もあります!少しでも知識を吸収しておくことは面接の時に役だつかもしれませんね☆

高校は?

『まずはパイロットになるのに何が必要なのか、調べておくことですね。あとは毎日の勉強や部活動にしっかり取り組むこと。目の前にことに「やってやろう」という気持ちで全力で取り組むことが、のちのちの訓練に生きてくると思っています』

こちらは現役パイロットの高校生へのアドバイスです。本格的に目指すのは、それに特化した学科のある大学や専門学校で学ぶので、「高校時代」にできることは、パイロットになるための情報を調べ、それに必要な資格を取得したり、部活動やアルバイトを頑張ってきたことも面接時のアピールに繋がります♬

また、英語力はも必須になってくるので、交換留学制度のある高校に進学するのもいいかもしれませんね(^_-)-☆

海外も?

海外大学航空操縦学(パイロット)では、質の高い教育を受けることが可能で、且つ経済的負担が国内大学と比べると少ない ことが大きなメリットです。

入学した当初からフライトトレーニングが始まり、実践的なカリキュラムを受けることでパイロットに必要なスキルと 万全の準備を行う事が出来ます。

航空業界に勤務する方は(CA,GH,管制官)など、どれも英語力が必須になってきます。ですから留学はとてもいい機会になるでしょう☆英語力だけでなく、外国人と共に生活することで刺激も受けるし、何より「留学」のメリットは「視野が広くなる」ことです♪

また、パイロットの場合は海外の大学にも「パイロット」を目指す人のためのカリキュラムを受けることができるうえに、日本の大学よりも費用が安いんだそうです!英語を学べるうえにパイロットについて必要なことも学べて、おすすめです(”ω”)ノ

パイロットになる費用は?

この他に専門学校へ行く方法もありますが、1番コストが安く収まる方法が普通の一般大学で学び、パイロットに必要な資格取得をする道が1番安いと思われます★

航空大学アルバイトも厳禁だし、また大学を2年間在学する必要もあるので(高専か短大卒業資格が必須)大学に行かせてさらに航空大学に通わせるとなると、かなりの額が必要となるでしょう^^;

パイロットになる条件は?

★航空従事者技能証明

★航空身体検査証明

★無線従事者の資格

その他、業務の内容によっては「計器飛行」とか「航空英語」とか取得する資格が増えます。

パイロットになるために「必要な資格」は色々ありますが、大事なのがこの3つになります。この「航空従事者」の資格は運転免許みたいなものなのです。ちなみにCAや整備士さんもこの「航空従事者」になります。そして大切な「航空身体検査」は「視力」に関する事です。こちらに関しては次で詳しく説明しますね^^♪

そしてパイロットな無線を使用して管制官と連絡を取るので「無線従事者」の資格を取る事を「法律」で義務付けられています!他にもパイロットになるにはたくさんの資格が必要です★

パイロットの視力は?

イ 各眼が裸眼で0.7以上及び両眼で1.0以上の遠見視力を有すること。

ロ 各眼について、各レンズの屈折度が(±)8ジオプトリーを超えない範囲の常用眼鏡により0.7以上、かつ、両眼で1.0以上に矯正することができること

パイロットには「視力」が何より大切です◎以前は裸眼でないといけませんでしたが、近年は矯正視力でも可能となってきました。それでも、”ロ”の基準になっていることが条件ですから、「0.7以上」は必要ということです!

パイロットの身長は?

パイロットになるためには身長158cm以上190cm以下という制限がついています。

これは視力と同じくらい結構有名な話かもしれません。ですから身長が低い人の方がパイロットには向いているそうです。だから、現役パイロットの方は小柄な方が多いのかもしれませんね!操縦席はとても狭いので190㎝以上ある人は頭がぶつかるかもしれませんからね((+_+))ノ

パイロットになれる年齢は?30歳?

副操縦士の訓練期間およそ4年間
そこから10年くらい経験を積まないと機長には昇格できない
何も障害なくストレートに昇格し続けて37~40歳くらいにやっと機長になれる。

上記の説明は「機長」になるまでの年齢です。まずどこの「学校」に通うかにもよると思いますが、副操縦士の訓練が4年ということで、普通の大学を卒業してそのまま採用されたとしたら、やはり30前後かもしれませんね( ˘ω˘ )☆

女性パイロットになるには?

JALANAでは女性のパイロットが活躍していますし、各航空会社のパイロット採用試験でも男女で応募の制限を設けていません。2010年にはJALエクスプレスにて、国内初の女性機長が誕生しました。

私もテレビで女性のパイロットが活躍するのを見た事があります♪最近は男女差がなく女性が活躍する幅も広がってきましたね(*’ω’*)☆

また自衛隊なども女性パイロットがいます、しかし「母体保護法」に基づいて「戦闘機」だけは女性は乗れません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です