ビットコインの購入はコンビニ、楽天、銀行?安全は?売り方や購入単位等

Pocket

コンビニでの買い方は?

最近話題の「ビットコイン」みなさんご存じですか?ビットコインとは「仮想通貨」のことですが、今回は初心者の方にも分かりやすいビットコインの「購入方法」のあれこれについてリサーチしたいと思います^^♪

 

スポンサードリンク

ビットコインは購入方法によって、メリットやデメリットがあります。初心者が始める場合にはリスクが少ない方法から始めてみましょう◎

まず「コンビニ」の場合ですが、現在のところ「直接購入」はできないそうです。ですから、コンビニでは、コンビニで入金(支払う)することによって、ビットコインを購入するという方法だそうです★

楽天での買い方は?

bitFlyer経由で楽天サービスを利用すると利用金額の0.6%分のビットコインが
もらえるというサービスがあります。

つまり、普段楽天で買い物をすることがある人は、bitFlyer経由で買い物をするだけで
ビットコインが貯まるってことです。

これが一番、初心者が始めやすい方法かもしれません♬ビットコインを直接「楽天」で購入することはできないのですが、「bitFlyer経由」から「ビットコインをもらう」を選択してそのままいつものように楽天で買い物をすると購入分の0.6%のビットコインをもらえうという仕組みになります★

クレジットで買い物をするとポイントが貯まるのと同じシステムですし、ビットコインの始め方をいまいち分かっていない人でもこれなら始める事が可能でしょう^^

最近はビットコイン以外でも、(ポイントサイトなど)この手の方法でポイントを貯める仕組みがありますが、容量的にはそれと同じですね◎

銀行での買い方は?

銀行で購入できるのかというと、

現時点では、銀行でビットコインを買うことはできません。

銀行でのビットコインの購入はいまのところ出来なようです。しかし「銀行振込」で入金はできるようで、これが一番手数料も安く済みますし、堅実な方法だそうです!また、銀行振込は「USドル」も可能だそうです★

しかし銀行なので、土日祝日など、営業時間内でないと出来ないので、「株」と同じようにリアルタイムでビットコインを購入している人には不向きなようですね!

ビットコインの売り方は?

ビットコインを購入することは分かりましたが、もちろん「売る」ことも可能です。株とパターンは似ているかと思います◎ですから、価格変動があった時や価格が下がる前に現金化しておこう、とそういった時に役立ちます(^_-)-☆

また取引所ではATMで現金化(売る)したり、円からドルに変換することも可能です◎ビットコインのサイトでも売り方の方法を書いていますので参考にしてみましょう♪

安全な購入方法は?

ビットコインを購入する方法は「間接的に購入」する方法と「直接購入する方法」の大きく分けると2つあるのです!

間接的とは、「販売所」から購入したり、オークションサイト(ヤフーとか)でビットコインを取り扱ってる人から購入する方法があるのですが、これは相手に価格決定権があるので、そこは「デメリット」になってしまいます。

ですから安全性を考えれば直接、自分の手で購入する方が安全ですね(”ω”)ノ

最低購入単位は?

初心者にはちょっと難しいかもしれないですが、分かりやすくすると「1BTC=100万円」だとすると「1Satoshiは0.01円」だそうです。この「Satoshi」は何だろう?と思うと思いますが、ビットコインを開発した「中本哲史」氏へ敬称して付けられたそうです◎

話は脱線してしまいましたが(笑)つまり、ビットコインは最低「0.01円」から購入できるんだそうですよ(^_-)-☆

手数料の目安は?

2017年~ビットコインの手数料が高くなってきてるそうなんです!そこでおすすめなのが「ビットポイント」です!なんと売買手数料が無料なうえに、送金手数料も無料なんです★少しでも安く抑えたいですからね^^

この「ビットポイント」上場企業なので、手数料はビットポイント側で負担してくれるんだそうです◎上場企業であることと、手数料負担の面からビットコインをしている人をはじめ、人気があるようです★

適切な手数料の目安としては、まず高くないことと、反対に安すぎると送金に何日もかかってしまうので、そうならない額であることが需要だそうです!目安としては送金したその日に着金してあればOKだそうです◎

ビットコインの採掘とは?

ビットコインで「採掘」という言葉を耳にした事があるかと思います。こちらはビットコインの新規発行=「採掘(マイニング)」と呼ばれているのですが、この「採掘」という言葉は比喩表現であって、本来は「取引の承認作業」をしているのです!

そしてビットコインの信じる人達が世界中で日夜、コンピューターパワーを使用して「取引の承認作業」をしているのです◎それにより、ビットコインの安全性は保持されているそうです◎

ビットコインの採掘の仕組みは?

ビットコインの取引、たとえば「A子さんからB君にビットコイン支払った」というようなものは、取引として記録されます。
しかもビットコインを介した取引は丸裸すべてのビットコインの取引はネット上でリアルタイムで参照できるようになっているのです。
ビットコインを取引すると、そのやりとりが、全部ネットに「取引」として記録されます。ネット上にすべて公開されるので、リアルタイムで誰でも見れるようになっていて、「採掘」を色んな人が競歩しながらしているそうです、そしね採掘した人にはビットコインをもらえる仕組みになっているのです。

ビットコインの採掘方法は?

ビットコインは、ある一定期間ごとに、全てのトランザクション記録を台帳に追記しています。この処理には、ネットワーク上で分散されて保存されている取引台帳のデータと、追記の対象期間に発生したすべての取引のデータ正しいものなのかを確認しながら正確に記録することが求められます。
ちょっと専門的な用語がズラリと並び、初心者には初めは難しいかもしれませんね!ビットコインを採掘する方法は大きく分けて2つあるのです!
まず1つめは『円やドルに交換することでビットコインを入手する方法』です。これが一番初心者は簡単に出来る方法ではないでしょうか?海外旅行に行く時に、円をドルに両替しますが。それと同じ方法でビットコインを交換する事で手に入ります。
そして2つめが『ビットコインを採掘(マイニング)する』ことで手に入れる方法です。今回の記事では採掘について色々詳しく書いています♪

採掘量って?

・ビットコインの総量は2100万コインと予め決められている

・現在はそのうちの1200万枚が発掘済み

・ビットコインほ採掘量は、年々減っていき、発掘難易度は増している

ビットコインはネットで管理されているから無限に発行されていると思われがちですが、そんなことはなく、最初からビットコインの採掘量は「決まっている」そうです!
これは円やドルなどの「お金」とは大きく異なりますね。お金はいくらでも(中央銀行)から生み出すことが可能ですが、ビットコインは限度があるということです。
ビットコインは開発者の「中本哲史」さんによれば2140年までに2100万Bitcoinと決まっているので、それ以降はもう波高されないようです。

ビットコインゴールドとは?

そもそも「ビットコイン」とは何か?というところですよね(笑)2017年8月に1日ビットコインが分裂し、ビットコインキャッシュというものが生まれたのです!それと同様に10月25日にはビットコインがまた分裂し、ビットコインゴールドを生み出しているんだそうです。
さて、この「ビットコイン」先導者は誰なのかは今のところ明らかになっていないのですが、彼らの目的は「中国主導」の採掘をなくすことが狙いのようですね!

いつからもらえるの?

ビットコインが手に入るのは2017年10月24日の9時から13時に貰えたそうです。手に入れる「条件」もありますが、『10月25日の21時をまたぐ瞬間に「現物」でビットコインを所有している』ことが条件だそうです!
そして、これによりビットコインと同数のビットコインゴールドが付与されるということになります◎
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です