ワーキングホリデーの費用や年齢制限、人気国は?持ち物や保険、期間の目安等

Pocket

ワーキングホリデーとは?

二つの国・地域間の取り決めに基づき、おのおのの国・地域が、相手国・地域の青少年に対して、自国・地域で一定期間の休暇を過ごし、その間の滞在費を補うために就労することを相互に認める制度ワーホリと略されることもある。

 

スポンサードリンク

ワーキングホリデーのことご存じですか?通称「ワーホリ」と呼ぶのですが、留学とワーキングホリデーの違いは留学は語学を伸ばすため勉強を目的としたもので、ワーキングホリデーは就労しながら語学力を伸ばす目的で、その目的が違います。また、留学よりも比較的費用を抑えて渡航できるのも魅力の一つではないでしょうか^^?

ワーキングホリデーに興味がある皆さん、是非参考にして、そしてみなさんの夢が叶うといいですね☆彡

ワーホリ費用の目安は?

ワーキングホリデー中に必要な費用はどのような過ごし方をするかによって変わりますが、出発前までに貯めておくべき費用は一般的に100万円ほどだと言われています。

ワーキングホリデーに掛かる費用はこのように留学よりは断然安くなります!お金がなくて留学を諦めていた人も手を伸ばしやすい金額となります!(^^)!また、費用は渡航先にもよると思いますが、100万とかとにかく安く抑えたい人は『オーストラリア』や『ニュージーランド』がいいでしょう★カナダやヨーロッパ(特にイギリス)は費用が高く200万円ほど用意する必要があります!

ワーホリの年齢制限は?

これは30代以上の方、ラッキーな情報ですよ~♪これまで、そこの国も18歳~30歳までと制限がありましたが、2017年より『オーストラリア』だけ35歳までなったのです★ただ、30代以上の場合は『キャリア』を日宇町とするので、これで英語力がまったくないと工場勤務や清掃員などの仕事に就くことが考えられます。

もしも英語力に心配がある場合はワーキングホリデーの前にステップアップ留学で人気の東南アジア(セブ島やマレーシア)で留学をして英語力を高めてからワーキングホリデーに向かうのもおすすめです♪

国は?オーストラリアが人気?

治安がとても良く衛生面・医 療面においても世界最高水準の国と呼ばれているオーストラリアが堂々の一位日本語が通じる病院も数多くあり、安心して生活することができるんです。

多くの口コミで堂々の1位に輝いたのは『オーストラリア』でした★しかもオーストラリア人は日本人が大好きな「新日国家」で有名ですから、一番最初に行く国としても選ばれます♪

カナダも人気?

第2位は広大な自然が美しく、アメリカへも近い「カナダ」
カナダでワーホリをする魅力は、世界に誇るエンターテイメントの街であること。映画、アート、ミュージカルだけではな く、MLB(野球)や NBA(バスケットボール)なども盛んなので多くの刺激を受けることができます。

次の2位に輝いたのは『カナダ』です。ワーキングホリデーには残念ながら『アメリカ』はなく、その為かアメリカに近いカナダを選ぶ人もいるようです。また、カナダの魅力と言えばなまりのない綺麗な英語を話すとして、留学先でも選ばれる人気国です♪

韓国も人気?

韓国のワーキングホリデーは、就労・就学期間が無制限であることが特徴です。そのため、自分に合ったスケジュールを組みやすく、充実したプランを立てることができます。 治安が良く、物価も安いので生活しやすい環境です。韓国料理は日本人に馴染み深く、食生活の心配もありません。

最近、韓国もワーキングホリデー先として人気を集めています♪『冬のソナタ』から始まった韓流ブームやアイドルの影響で韓国語を学びたいという人が増え、韓国へワーキングホリデーに行く人が増えました^^♪また辛口の人やそうでない人も韓国料理は人気で、それも人気の秘密かもしれませんね(^_-)-☆

持ち物は?

1年もの滞在になるとかなりの大荷物が必要となってくるんじゃないか?と思いますが案外1週間分くらいの荷物で大丈夫だったりします♪渡航先で購入することも可能ですしね^^♪

パスポートや国際免許証、クレジットカードや国際送金できるキャッシュカードの貴重品はもちろんですが、勉強もするので筆記用具や電子辞書なんかも役に立つでしょう!またホストファミリニーに日本のお土産を持って行くと喜ばれますよ(^_-)-☆

カナダなどの寒い国は冬服が大荷物となるので、その場合には『圧縮袋』が役に立ちます♪

保険の目安は?

旅行などの短期滞在と留学・ワーキングホリデーなどの長期滞在とでは現地でのリスクが異なるため、必要な補償も違ってきます。 数多くの保険代理店の中で、留学やワーキングホリデーの専門知識を持った代理店を選ぶと詳しい説明も聞けます。

海外旅行に行く際も最近では海外保険を掛けます。特に1年以上の留学やワーキングホリデーの場合保険の加入は『マスト』です!!過去の話しで、海外旅行保険に加入していなかった人が現地で病気や事故に遭い、医療搬送されて1000万円以上請求されたという恐ろしい話も実際にあるのです( ;∀;)ノどの保険がいいか悩むと思うのでいくつかの保険会社の資料請求をしてみたり、滞在目的別で選ぶといいでしょう( ˘ω˘ )☆

期間の目安は?

★ワーキングホリデーは1年間12ヶ月がベスト

[モデルプラン]
語学学校6ヶ月+アルバイト6ヶ月 ←現地のカフェなどで働きたい人
語学学校3ヶ月+アルバイト9ヶ月 ←日本食レストランで働きたい人

ワーキングホリデーはビザの関係でどの国も最大12か月間くらいでしょうか?ですから1年間まるまるビザを使い切り滞在するのがおすすめです♪ですが、国によっては就労先が見つからない可能性もあるので上記のように、半年は語学学校に通い、半年間は現地で働くというやり方をする人が多いです。

また国によっては条件もあって(同じ雇用主の元では半年間までなど)国を渡り歩き色んな国へワーキングホリデーに行く人もいますよ★

国内版/ふるさとワーキングホリデーって?

「ふるさとワーキングホリデー」は、都市部在住の若者が長期休暇を使って、1週間~1カ月ほど地方の製造業、農業などに従事することができる制度。総務省によると、人口減が進む地方の人手不足解消や消費の押し上げ、移住促進などの狙いがあるとされています。

皆さん、この制度知ってましたか^^?最近は過疎地など若者が少なくなってきた街を対象に活性化を目的としたのです。Uターンとか、他にも最近『地域おこし協力隊』なんかもありますよね(*^-^*)♪

賛否両論はあるようですが、無料または格安で1軒家を借りられたり、畑を貸してくれたり自給自足を楽しんだり、都会生活に疲れた若者が癒しを求めて参加する人もいるようです★



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です