コインランドリーの布団の洗い方は?毛布や靴、乾燥機のみや時間の目安は?

Pocket

布団の洗い方は?

1.クリーニングに出す

2.打ち直しに出す

3.コインランドリーを利用する

4.自宅の洗濯機で洗う

5.自宅の浴槽で踏み洗い

 

スポンサードリンク

 

布団の洗う方法は上記の方法があります。

クリーニングは綺麗にしてくれますが、それなりに高くなります。

打ち直しは時間が掛かる上に金額がこのなかで1番高額だし、それよりなら新しい布団を買った方がいいと言う人もいます(*’ω’*)

 

一番はコインランドリーでしょう♬

持ち運びは少々大変かもですが、その日のうちにまた使用できるのが人気です!

自宅で洗う人もいますが、かなりの重労働になるでしょう^^;

 

コインランドリーで布団を洗う際には

・アクリル系布団

・羽毛布団

・シーツやカバー

である事がポイントです。

 

次に、布団を洗うための洗濯機の目安としては、布団を入れてみて1/3~2/3位の余裕があるサイズのものを使用するのが好ましいです。

 

そして、そのままだと洗えないので、普段たたむように3つ折りにしてみましょう。

折った布団は、ヒモで縛るか、布団洗濯用などの大きなネットに入れて広がらないようにします。

 

あとは、布団専用洗剤や、おしゃれ着洗い用の中性洗剤を使用し、洗濯できます。

 

毛布の洗い方は?

コインランドリーなら、一度に毛布2枚以上は洗えますが、私の印象では、14kgの洗濯機に小さい毛布が3枚も入るかな?と感じました。

 

毛布の洗い方も大体は洗濯物を洗う時の手順と同じになります。

ただ、毛布の質にもよりますが、毛布のタグの表示に「水洗い可能」のマークがついていれば、コインランドリーで洗う事は可能になります♬

 

また、何枚洗えるかですが、大きめの洗濯機なら、2~3枚くらいなら洗えるようです★

持ち運ぶ際には布団や毛布などは車がある人なら便利かもしれませんね!

 

乾燥機のみも?

家で洗ったものをコインランドリーに持って行って乾燥だけするのがオススメ。

これが実は一番賢い使い方なようです♬

洗濯から乾燥まで全部するとなると1000円前後掛かってしまいます。

なので洗濯は自宅で済ませて乾燥だけコインランドリーでするという人も少なくないようです^^♪

値段も安いし、自分の好きな匂いを使用出来るし、冬など乾きにくい時期はそんな使い方もありかもしれません(^_-)-☆

 

乾燥時間の目安は?

コインランドリーの利用料金は店舗によって異なりますが、私が利用しているところは、10分100円です。

普通の洗濯物は長くても30分程なので300円です。

 

コインランドリーは10分100円だから、家族の人数や洗濯物の量にもよりますが100円~300円で済ませられるようです( ˘ω˘ )☆

あとはもっと安く済むように大きめの乾燥機を使用したり、乾いたタオルを何枚か濡れた衣類の間に挟んで洗うと乾きが早くなりますよ(^_-)-☆

 

靴専用?洗ったり乾燥出来る?

洗濯にかかる時間と料金ですが、それぞれ200円20分の設定でした。

ちなみに、この際に入れられる靴の数としましては、

★大人用2足まで

★子供用4足まで  

 

子供用の靴が4足200円で洗えるのはかなりお得ですよね!!

なかなか天気のいい日でないと洗えないし、子供の靴(特に運動靴)は汚れですぐ汚くなります^^;

 

コインランドリーで靴を洗うと、かなり綺麗になります★

忙しいママにはお助けアイテムではないでしょうか^^?

ぜひ、活用してみてください★

洗剤は自動投入で不要?

結論から言いますと、洗剤も柔軟剤も持っていかなくてOKです!

洗剤と柔軟剤は自動で投入されます

ただし置いてある機械にもよりますので、全てのコインランドリーが自動投入なわけではありません。

 

 

 

 

みなさん、コインランドリー使用したことがありますか?

一人暮らしの方や家の洗濯機が壊れた時など使用した経験あるのではないでしょうか?

今回はそんな『コインランドリー』のあれこれについてリサーチしていきたいと思います♬

 

最近のコインランドリーは布団や靴まで洗えるものまであるので便利ですよね☆彡

また、上記のように最近のコインランドリーは自宅からわざわざ洗剤を持って行かなくても自動投入されるとのことで安心ですね★

でも、なかには古いタイプのとかは自動投入でない可能性もあるかもしれないので使用する前に調べた方がいいかもしれませんね◎

 

洗剤は持参が必要?使い方は?

★コイン式全自動洗濯乾燥機:洗いやすすぎ、脱水から乾燥まで、これ1台で完了

★コイン式全自動洗濯機:洗いからすすぎ、脱水までを1台で完了

★コイン式ガス衣類乾燥機:ガスで燃焼した温風によって乾燥させる乾燥機

★シューズウォッシャー:スニーカーなどのシューズを洗える靴専用の洗濯機

 

ほとんどのコインランドリーの置いてあるのがこのタイプの洗濯機になります。

一般家庭にあるような洗濯機ではなくドラム缶タイプが多いでしょう。

 

また、使用方法はもちろんネットでも検索できますが、そのコインランドリーにある使用する洗濯機に使用方法が書いてあると思います。

また、最近では分からないことがあると横に設置してある電話を使えばオペレーターと繋がって会話できるんだそうです!

また、待ち時間も教えてくれるので、その間好きな場所に行ってもOKです★

 

柔軟剤の使い方は?

このタイミングは、洗濯機の前で待っているだけでお知らせしてくれます。

2回目のすすぎの給水中『柔軟剤投入』ランプが点灯します。

 

これは、自動投入機でない場合の柔軟剤の入れるタイミングです★

でも、最近のコインランドリーは優秀で洗剤だけでなく、柔軟剤も自動で投入してくれるようです♬

こちらは、もう洗濯ものを入れる、取り出すだけなので楽チンですね(^_-)-☆

 

洗濯ネットは必要?

『洗濯ネットはしてもしなくてもいいですし乾燥機に入れるときには洗濯ネットから出して乾燥してください』

このような口コミがあるように、女性なら下着とか、家で洗濯ネットに入れるような衣類はコインランドリーの洗濯機でもしようしてもOKだそうです★

ただし!!乾燥するときだけはネットから外すことをおすすめします。

そのまま入れると服がゴワゴワしたり、痛めてしまう危険性があります((+_+))!

 

布団のダニ退治も?時間の目安は?

コインランドリーで乾燥機にかけるのはダニ駆除をするためという目的もあります。

ダニは水洗いしても天日干ししても生き残りますが、50℃以上20分で死ぬそうです

 

布団は天日干ししても生き残るので、なかなか手ごわいですよね!

そして問題はこの布団の場合の『乾燥時間』です。

大体のコインランドリーは「100円で○分」という表示の仕方をしているので、あとはその布団の大きさや重さにもよるかと思います。

乾燥機に書いてある目安時間を参考にしてみるといいかもしれませんね(^_-)-☆

 

コインランドリー経営の初期費用は?

まったくの更地状態の土地でコインランドリー経営をはじめようと思ったら、建物の建築費や設備導入費など、初期投資の費用は膨大な金額になります。きっと1,000万円はくだらないでしょう。

利益のあるような土地でコインランドリー経営をすれば、核家族化の方も増えてきた影響もあって儲かるようです♬

しかし、初期投資はかなりの費用となるので、それなりに資金を用意できる人でないと難しいでしょうね^^;

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です