風速3.5.10mの目安は?釣りや自転車は?単位m/sやkm/hの意味や読み方は。

Pocket

風速の目安は?3mってどのくらい?

木の葉や細かい小枝がたえず動く。

軽く旗が開く。

 

台風の時期になると気になるのが風の強さかと感じますが、風速何mくらいから危険になってくるのでしょうか?みなさんは知っていますか?

 

スポンサードリンク

 

上にあげられた風速3mは「軟風」と呼ばれます。

風速3m未満の風は風速も弱くそんなに影響も少ないようです。

では、これから色んな風速について調べていきますね^^♪

 

風速の目安は?5mってどのくらい?

顔に風を感じ、木の葉が絶えず動きます。

時速に換算すると、5×60×60=18km/h

自転車で走っているくらいです。

 

風速5mになると「和風」と言われるそうで、レベルとしては上にあるような風の吹き方をするので少し強くなったという感じでしょうか?

風速5mであれば、まだそれほど危険を感じるレベルではないようですね(o˘◡˘o)

 

風速の目安は?10mってどのくらい?

★葉のある灌木がゆれはじめる。

池や沼の水面に波頭がたつ。

 

★大枝が動く。

電線が鳴る。

傘はさしにくい。

 

レベルとしては「疾風」や「雄風」になります。風速も10mを越えると歩きにくくなる事が分かりました!

15m以上にもなってくると風に向かっては歩きにくく、転倒する恐れもあるそうです(>_<)

 

風速10m以上とニュースで報道されたら、外出する際はくれぐれも気をつけるようにしましょうね!!

 

釣りが出来る目安は?

定量的に評価を行うため、何度か釣行したときに何度か風速の測定をおこなったことがあります。

この時のデータをもとに釣りが不可能だと判断した風速は5(m/s)~7(m/s)でした。

 

釣りに行く人にとっては風速は大事な目安ですよね^^♪

 

5mだと防波堤に置いている荷物が飛ばされてしまうくらいの強さで、7mにもなると釣りには出掛けない方がいいそうです(>_<)!

私も以前、高波が凄いのに釣りをしてる人が居て凄いなぁって思いましたよ((+_+))!

釣り人にとってどの位の風速まで頑張るのか素朴な疑問でした(笑)

 

釣りに最適に風速は2m以下だそうですよ◎

趣味の釣り、安全な範囲で楽しみたいですよねヽ(*^ω^*)ノ

 

自転車に乗れる目安は?

★ややしんどい:風速4-6メートル

明らかに向かい風を認識するようになる風速。

ペダリングが重たく感じるようになり体にかかる負担も通常時よりも高く感じるようになる

 

★超しんどい:風速7メートル以上

心を折られてしまうような風速

8メートルを超えるような風速になると室内にいても風の音が聞こえてきてそれはもう恐怖でしかない。

 

自転車に乗る人にとっても風速は気になりますよね!

特に最近では『ロードバイク』なども流行ってきて、自転車乗りの方にも風速が大事な問題となっています!

自転車乗りにとって、灼熱より雨より何より強風が手強いと言います。

 

また、都会などでしたら車よりも自転車を使用する人が多いと思いますが普段使いしてる人からしても強風の日はとても乗れたものじゃありませんよね^^;

 

やはり、釣りとも同様風速4mから、しんどくなってきて漕ぎ辛くなってくるそうです。

風速7mにもなると、もはや乗らない方がいいレベルなんだそうですよ!

 

風速の単位m/sの読み方や意味は?

m/sは「メートル パー セコンド」または「メートル毎秒」と読みます。

一秒間あたりに何メートル移動するかという意味で、速度を表しています。

 

読み方、なかなか読めないですよね!!

うえの説明にあるように「m」はメートルの意味で「S」は秒を指します。

天気予報なんかでは「毎秒〇メートルです」なんて言っていたりしますよね(^_-)-☆

 

風速の単位km/hの読み方や意味は?

風が10〜15Km毎時ということは、秒速に変換すると3~4m/sです。

ビューフォート風力階級表によれば、風速3~4m/sの陸上の様子は「木の葉や小枝が揺れる」、海上の様子は「波頭が砕ける。白波が現れ始める」です。

 

今でこそ風速の表し方は「m/s」で表しますが、「km/h」でも表す事もあるんですね!

どうしてふたつの表し方があるのかは残念ながら分かりませんでした。

この読み方は「キロメートル毎時」と呼ぶそうです★

 

ちなみにこのkm/hをm/sに変換するサイトもあり分かりやすくなっているので参考にしてみてくださいね!(^^)!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です