ドクターイエローとは?幸せになる理由は?見学ツアー、運転日や時刻表も?

Pocket

ドクターイエローとは

ドクターイエローとは、新幹線区間において、線路のゆがみ具合や架線の状態、信号電流の状況などを検測しながら走行し、新幹線の軌道・電気設備・信号設備を検査するための事業用車両の愛称である。

 

スポンサードリンク

 

テレビでも話題で、『見ると幸せになれる!」と都市伝説にもなっていて、鉄オタや子供にも大人気の「ドクターイエロー」

事業用車両なので乗る事は出来ませんが、その姿を一目見ようと撮り鉄をはじめ、鉄オタや子供達、親子連れが一生懸命に場所取りをしています!!

 

ドクターイエローの意味は何?

新幹線の区間を走行しながら線路状態などを点検する車両

監視カメラやレーザー式センサーを備え、時速250キロ以上で走行することができる。名称は、車体が黄色(イエロー)に塗られていることから。

 

ドクターイエローの名称の意味は単に車体がイエローだからとシンプルな理由でした!

そして、何故ドクターかというと、線路や電気設備の様子を走行しながらチエックするため「新幹線のお医者さん」という理由でドクター、そして車両が黄色いからイエローが合わさって『ドクターイエロー』となったようですね☆彡

 

運転日や時刻表がある?

具体的には、ドクターイエローのダイヤは、2日連続で1日目が下り2日目が上り走行が実地されのぞみ検測は月に3回こだま検測は月に1回というのが凡その頻度だといわれています。

 また、ドクターイエローは臨時列車が無い日の運行東京~博多の下りの検測である初日の走行は木曜日には行われないという情報もあるようです。

ドクターイエローの運行情報は一切非公開となっていますので、確実な時刻表などが分かりません。でも、これまでに調べあげた結果うえのような事が分かりました!!

山陽新幹線と東海道新幹線の2つのエリアで「のぞみ」と「こだま」の2種類で運行する事も分かりました!

ドクターイエローを見たいという方は、100%確実ではありませんが、ドクターイエローの運行予測サイトなるものがあるので参考にしてみるのもいいかもしれません^^♪

 

動画や歌も?

今回は、新幹線好きの子供たちにとっての憧れの新幹線『ドクターイエロー』の動画を特集!

ドクターイエローが走行しているシーンだけでなく、浜松工場で吊るされて宙に浮いている動画や、車両内部を撮影した動画など、レアな動画も紹介しています。

 

★「Dr.イエロー」

作詞 高田ひろお

作曲 富田伊知郎

編曲 平岩嘉信

うた MoJoo 

 

電車好きな子供の為にでしょうか?ドクターイエローの動画や「Dr.イエロー」 の歌もあるようです^^♪

ドクターイエロー凄い存在ですよね!!

私もドクターイエローは知っていましたが、動画や歌は知らなかったので、まだまだですね(笑)

 

画像も縁起が良い?

いつしか、見ると「幸せになる」「いいことが起きる」という都市伝説もあるようです!

ドクターイエローの画像は、携帯の待ち受けにすると縁起がいいらしいですよ~

こんなブログを見つけました☆♪

ドクターイエローの事を調べると「見ると幸せになれる」や「待ち受けにすると縁起がいい」とか、ドクターイエローに遭遇する価値ありそうなこの話題!!

もはや都市伝説化してるので鉄オタじゃなくてもこの噂を聞き幸せを求めにドクターイエローを写真におさめようと頑張ってスタンバイしてる人もいそうですよね^^♪

 

見学ツアーも?

通常は一般の人は乗車することが出来ないドクターイエローなんですが、年に1,2回ほど専用ツアーを利用することで車内を見学することが出来ます。 

ツアーの申込は、下記旅行代理店のHPから出来ます。

★クラブツーリズム

★阪急交通社

このうちクラブツーリズムは他にも鉄道関係のツアーが充実してるそうで鉄道ファンにはたまらないツアー満載なんでしょうね☆彡

しかし、都市伝説なドクターイエローのツアーがあるなんて驚きですよね!しかも年に1.2回もですよ(⊙⊙)!

ツアー開始したら即!完売でしょうね〜♪

 

見たら幸せになるって本当?理由や結婚は?

★パワースポットより効く!? OLが注目する「幸せを呼ぶ黄色い新幹線」

つまり黄色「ここにいない誰かを想う色」なのかも。
 
遠くへ旅する乗客の安全を守るために走る新幹線が黄色なのは、そんな理由もあったり……するといいですね。
どうしてドクターイエローを見ると幸せになれるのかの詳しい「理由」は分かっていませんが、色々と憶測はあるようです。
 
そもそも「黄色」には幸せの色であったり、よく帰りを待つ人が玄関に黄色のハンカチをぶらさげていることは有名な話です。
 
そのような意味合いから「見たら幸せになる」と呼ばれていたのですね^^♪
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です