カヌーとカヤックの違いや服装は?初心者は?釣りやオリンピック等

Pocket

川でのレジャーの代名詞ともいえる「カヌー」や「カヤック」小舟に乗って川を突き進むのは実に爽快ですよね!

しかし、皆さんは「カヌー」と「カヤック」の違いを聞かれて答えられますか?

私は、、、

というわけで、今回はカヌーとカヤックについて見ていきましょう。

 

カヌーとカヤックの違いは?

カヌー(カナディアンカヌー)とカヤックの違いは、パドルのブレード(水かき)の違いである。

専門的には、使用するパドルの違いによって、「カナディアンカヌー」と「カヤック」に区分しています。

 

スポンサードリンク

 

カヌーは主にツーリングなどに使用され一人または二人乗りで交互にパドルを漕ぎます♪

ウオータースポーツとして「カヌー」という場合は、カナディアンカヌーを指すことが多いようです。

 

 

また、カヤックは使用する場所によって「シーカヤック」「リバーカヤック」など変わってくるので使用方法を間違えないように注意が必要です(*^^)v

 

カヌーやカヤックの服装は?

 

夏は水着が一番かと思います。

これ間違いないです。

カヤックは構造上、お尻がどうしても濡れてしまいます。

水着なら当然濡れてもオッケーですし、とにかく動きやすくて涼しいです。

 

季節柄にもよりますが、夏場だったら水着が一番いいようです♪

女性ならTシャツにサーフパンツでもいいでしょう☆

逆に動きにくいジーンズやスカートなどはNGです。夏場出ない時は防寒ウェアなど着用しましょうね^^♪

 

初心者でも出来る?

未経験者や初心者がカヌーを安全に楽しむには、JSCA公認インストラクターなどの資格を持ち、経験も多いスタッフからレクチャーを受けられるカヌースクールの体験ツアーが最適です。

自然の中で行うアウトドアスポーツは全て急な気象の変化などによって、危険が伴うこともあります

カヌースクールのルールやスタッフの言葉に従って、できるだけ安全に楽しみましょう。

 

初心者でもカヌーやカヤックの体験をすることは可能です(*^^)v

資格などもいらないので初心者でも乗る事は出来ますが、法律などの関係から一人で実践しないように必ず体験ツアーから参加して知識を学ぶのがいいでしょう^^♪

また、危険が伴うこともあるので、そんな時経験者のスタッフがいると安心です!(^^)!

 

カナディアンカヌーって?

カヌーの一種

カナダの先住民たち湖沼や川の連絡用に、あるいは狩猟用に、樺(かば)の木をくりぬいて使っていた舟

持ち運びが簡単で、広範囲の水面で手軽に使用できるので、現在でも狩猟用、レジャー用、スポーツ用など多方面で利用されている

 

この「カナディアンカヌー」は名前の通り、カナダの先住民が使用していた船だから、この名称がつきました。

移動手段として使われており、動物の骨や皮などを材料にして作られていたようです。

 

今でも形状は受け継がれていて、水漕ぎで漕いで、多方面で使用されています(^_-)-☆

 

釣りが出来る?

気軽に水深10~20mの釣りができる「カヤックフィッシング」が人気だ。

落水しても乗り上がりやすい専用のシット・オン・トップ艇やロッドホルダーが充実してきたためだ。

回遊魚が岸に近づき、落水しても寒くない秋は、ベストシーズン!

 

カヤックでも「釣り」などのアウトドアが楽しめるようです♪

最初は浅瀬から慣らしていき、次第に沖の方まで行くそうです(*^^)v

沖まで行き慣れてきた人は鯛やかんぱち、ぶりなども釣れるようです☆彡

 

海で使用するものは「シーカヤック」、川で利用するものは「リバーカヤック」などの分類もあります。

バランスなどを崩し落下してしまう可能性もあるので、落下しても大丈夫なシーズンを選んで楽しみましょうね(^_-)-☆

 

カヌーも実は安定感のあるつくりになっているので、横になってリラックスしたり、釣りをしたりと、色々な楽しみ方ができます。

 

オリンピック種目です。

★競技で乗るのはカナディアンカヌーとカヤックの2種類

・スプリント:静水のタイムトライアル

・スラローム:急流で自由自在に船を操る技術が見どころ

・ワイルドウォーター

・フリースタイル

・カヌー・ポロ

・セーリングカヌー

・ドラゴンカヌー

 

カヌーとカヤックもなんとオリンピック種目になったそうです☆彡

近年はオリンピック種目に追加されるものもあり、活躍される方が増えるのは大変素敵なことですよね(*^^)v

 

また、このカヤックとカヌーだけでオリンピックの種目が「16種類」もあるそうですよ♬

見ているだけで迫力満点だし、またオリンピックを見たことでツアーで参加したいと思う人も増えるかもしれませんね(*^^*)♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です