フェラーリF40の価格推移やカスタムは黒も?雪山も?

Pocket

言わずと知れた高級車のフェラーリ。

その中でも、フェラーリ創業40周年を祝って発売された「フェラーリF40」とはどのような車だったのでしょうか?

 

乗り物・フェラーリF40とは

伊:effequaranta /エッフェクアランタ)は、1987年にフェラーリが創業40周年を記念して製作したリアミッドシップ・後輪駆動の2シータースポーツカーである。

公称最高速度は324km/hであり、発売当時は世界最速の市販車であった。

F40は、フェラーリの創始者であるエンツォ・フェラーリがその生涯の最後に、同社の「そのままレースに出られる市販車」という車作りの基本理念を具現化した、歴代フェラーリ生産車の中でも根強い人気を誇る車種である。

ボディデザインはピニンファリーナによるもの。

開発時のコードネームはル・マン24時間レースを意味する「LM」。

 

 

スポンサードリンク

 

 

真っ赤なボディーが美しいF40は、スポーツカーのような見た目の通り、「レースに出られる市販車」をテーマに製作されました。

性能はもちろんのこと、巨大なウイングを擁するなど、見た目にも独創的なモデルとなっています。

 

F40の価格推移は?

発表当時、各国のフェラーリ正規ディーラーにオーダーが殺到する事態となり、日本では当時バブル経済のまっただ中にあったためプレミアが付き、一時は2億5,000万円で取引されたこともあった。

日本のディーラーなどでは、F40以外の車種もまとめ買いし、納車を早めるなどをしたため高くなったともいわれている。

このように非常に高い価格で取引されたことから、「走る不動産」とも呼ばれた(自動車は「動産」)。

 

発売当時はバブル景気の絶頂期であったことや製作台数が少なかった(1,300台ほど)ことから価格は高騰し、定価(4,650万円)の5倍以上の価格で取引されたこともあったのだとか。

フェラーリの中古車価格は比較的下落しにくい傾向にありますので、現在でも比較的定価以上の価格で取引されていると思われます。

 

カスタムは?黒色も?

アメリカにて、フェラーリ「F40」が久々にオークションにて登場。

この「F40」は、1992年式の個体で、チューニングメーカによるターボチャージャー付の他、フロントサスペンションのブッシングをチャレンジユニットに変更、最新のブレーキダクトに変更、GTOエンジニアリングよるアクセサリ一式(点火プラグ、アクセサリベルト、タイミングベルト、テンショナーベアリング、バルブカバーガスケット、カムシート、Oリング)が追加されたカスタム車両となります。

 

時には排気筒などがカスタムされたF40がオークションにかけられることがあります。

自動車ショーで黒に塗装されたF40がお披露目されたことがあり、その際にはネット上で「かっこいい」との反響がありました。

 

雪山を激走?

レッドブルは、同ブランドのウェブサイト内に新しいモータースポーツチャンネルを開設したのに合わせ、プレミア価格で1台が1億円以上ともいわれる希少なフェラーリF40のルーフに荷物を載せ、スキー場や雪山を疾走するという大胆な映像作品「A Day In The Life」を公開しました。
 
巨大な4連フォグランプを搭載したラリー仕様のフェラーリF40でスキー場へ行き、チェーンを取り付けてゲレンデや山道を駆け上っていき、最終的には山頂でキャンプをしてしまうという非日常的な映像作品となっており、登場しているフェラーリF40は実際に木村氏が所有している愛車のようです。
かつて、レッドブルとスーパーカーマニアの木村氏がコラボし、F40が雪道を激走する動画が製作されたことも。
 
ドライバーがF40で雪山キャンプに出掛けるために、スキー場や雪降りしきる山道を激走します。
 
F40の真紅のボディーと純白の雪との対比が実に美しい!
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です