片思いの名言を漫画やアニメから紹介

Pocket

あなたは片思いをしたことがありますか?それはどんな恋でしたか?

「片思い」と言っても、想いが伝わって両想いになる人もいたり、見てるだけでいいという人に、振られてしまったけど諦めきれなかったり…恋愛の形も人それぞれなように、片思いにも色々なストーリーがあるようです。

片思いは、相手の態度や言動に、一喜一憂したりして、まるでジェットコースターに乗ったかのような、自分でも感情をコントロールするのが難しくなってきます。

そのようなときには、心にじわっと響くような言葉を今回は漫画の名シーン、素敵な言葉たちを片思いで悩むあなたに送りたいと思います。

1.スロトボエッジ(咲坂伊緒)

「私は恋をしている 報われることのない恋 そんな事…わかってるのに」

「どうにかなりたいとかじゃない ただ深く好きと想う
ただこういう時 少しだけ時間がもっとゆっくり流れれば
いいと思う それだけだよ」

「ストロボエッジ」は全員違う人に恋をしていて、それぞれすれ違い切なくなるという物語になります。自分のことは見ていない、そんなことは分かっている。だけど、この思い止められない、そんなどうしようもなく切ない気持ちが伝わってきます。

2.僕等がいた(矢野元晴)

「このずっと続く空の下、 あなたは今どこにいますか? 
今日は誰と会い、どんな話をして、どこへ行きましたか? 
最後に私を思い出したのは、いつですか? 今、誰を愛していますか? 
私は、今日もあなたを愛しています」

生田斗真さん、吉高由里子さん主演で映画化もされた、漫画です。私も、漫画も映画も大好きでハマって見てました^^

原作の漫画でも、出会いから始まり、喪失、そして再会までを丁寧に描き、
2人の淡い初恋が本物の恋へと変わっていく様子がしっかりと描かれている作品です。
遠距離恋愛中の切ない気持ちなどが上手に表現されています。

6年越しに、やっと結ばれた2人の姿は必見で、感動すること間違いなしの作品です!

3.君に届け(風早翔太)

「俺の好きなのは黒沼!」

「違うよ!!あ~もう!ぎゅってしたい!!!」

「すきだよ すきだよ すきだよ」

「最初っから、他の誰とも違ったよ、黒沼は。初めて会った時から、ずっとここ ずっと俺の奥の方」

「好き」に気持ちの大小なんてあるわけないのに、どうしてなのか、自分の「好き」という気持ちの方が大きいような気がして…自分ばっかりに好きなような気がして不安になっていくものです。

だけどこの漫画の2人のように、思い切って気持ちを伝えてみると、「相手も同じ気持ちだったんだ」とホッとして、もっと相手のことが好きになるんですよね^^

両想いっぽい?けど、自分ばかり好きみたい?そんなモヤモヤした気持ちのあなた必見です!!風早君と爽子のようにストレートに伝えてみませんか?

4.スラムダンク(安西先生)

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」

かなり有名ですよね!!私もスラムダンクに影響されてバスケ部に入ったくらい、この漫画が大好きな一人です^^

スラムダンクのこの有名な安西先生の名言を知らない人はいないのではないでしょうか?この名言はバスケの試合での安西先生の言葉なのですが、この言葉は恋愛にも言えることだとおもいませんか?

「諦める」ことはすごく簡単なことですよね。ですが幸せを手に入れたいのであれば、諦めないで頑張ることがとても大事になってきます。仕事でも、恋愛でも、どの場面でも影響される言葉だと思います◎

5.ドラえもん(のび太)

「いちばんいけないのは
じぶんなんかだめだと思いこむことだよ」

これは、のび太がドラえもんに言った言葉です。

この言葉、説得力がありますよね!本当にそうです、「自分なんか」や「どうせ」とマイナス思考は良くない結果を呼び込むだけです。「可能性」は諦めなければ無限大です。自分でその可能性を閉じ込めてはいけません。

6.花より男子(道明寺)

「やいてるよ めちゃくちゃやいてる 相手の男ブッ殺してやりたいくらい おまえが好きだ」

『花より男子』の道明寺の有名なセリフです!嫉妬している場面なのですが、それを素直に伝えているところがなんともくすぐられます。とても上手な伝え方ですよね!「胸キュン」間違いなしのセリフです!

7.NANA(ナナ)

「ただの通信手段の機械に、人の絆の強さを試されたくなんかないのに」

「NANA」は同じ名前を持つふたりの友情や恋愛を描いた大人気漫画です。

この名言は親友「ハチ」からの連絡を待つナナの言葉です。この言葉、友情だけでなく恋愛にでも当てはまります。携帯なんてただの通信機器なのに…分かります。

8.天使なんかじゃない(須藤晃)

「おまえの他にいくとこなんかねぇよ」
「おれがおれの手で幸せにしてやりたいと思うのは おまえだけだ」

恋愛漫画で多くのファンがいる「矢沢あい」先生からもう1つ紹介します。

須藤晃はリーゼントがトレードマークでパッと見怖い印象なのですが、笑顔が素敵な優しい男性で、翠ちゃんが想いを寄せる相手です。

2人はやっと結ばれるのですが、昔好きだった人を忘れられない事、自分の兄のことでパンクしてしまい、2人は別れてしまいます。

それでも翠をずっと想い続け、最後には「おれがおれの手で幸せにしてやりたいと思うのは おまえだけだ」と胸キュン必見な彼の名言が出てきます。

*最後に*

 漫画などから名言をピックアップし、色々とご紹介してきました^^♪

「心に響く」と感じた名言はありましたか?

恋愛においても、社会で生きるためにも必要な言葉たちがたくさんありました。

片思いで悩んだ時には、漫画の名シーンに癒され、勇気をもらいましょう☆

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です