カナガンキャットフードの評判や保存方法、給餌量は?お試しや値段は?

Pocket

腎不全の猫ちゃんにも?

・7歳以上のシニア猫は腎機能が低下してくると考え、オススメできない
・高脂肪だと下痢や軟便になる子にはオススメできない
・腎臓がもともと弱い猫、血液検査でBUNやCreの数値が基準値ギリギリの高さの猫にはオススメできない(腎機能の弱い猫には低タンパク、低リンのエサがいい)
ネットでは様々な情報が流されていますが、『間違った情報を鵜呑みにしないで!』との口コミを書いた方から、この『カナガンキャットフード 』をおすすめできない猫ちゃんは上記に、当てはまる猫ちゃんなんだそうです↑↑↑
この結果から、腎機能が低下してくる7歳以上の猫ちゃんと、腎臓がもともと弱い猫ちゃんにはおすすめしてないそうなので注意しましょう◎

評判は?

●好き嫌いが多い子ですが、カナガンは好きみたいです
●しばらく混ぜたりしながら様子を見てましたが、まったく食べませんでした
●毛並みや毛艶がよくなった
●ニオイを嗅いで食べようとしません
●はじめは勢い良く食べていたのに、あるときから食いつきが悪くなってきた
「良い」という口コミも「悪い」という口コミもどちらもありました!
また腎不全には悪いとされている口コミもありましたが、実際に使用した猫ちゃんはみるみるうちに良くなったとの声もありました。
一方で、「臭い」でダメだったり、食べなかったりする猫ちゃん、下痢をしてしまう「合わない」猫ちゃんもいました!!
こうして口コミの様子から見てみると、「合う」か「合わないか」は猫ちゃん次第ということですね◎
商品自体は「グルテンフリー」で「無添加」と原材料も安心できるものなので心配はいらないようでした☆彡

保存方法は?

ドライフード基本的常温で保存保管しても大丈夫です。
ですが、冷凍保存はOKでも、冷蔵保存NGです。やめてください!
「カナガンキャットフード 」は常温で保存が可能です☆
しかし、梅雨などの湿気時にはしけってしまったり、カビてしまう原因になるので、そんなときは冷凍保存か、直射日光の当たらない涼しいところへ保存するようにしましょう◎
また、「冷蔵保存」をNGとしているのは、冷蔵庫の開け閉めで起こる「結露」の影響で菌が繁殖しカビでしまうからなのです!
ほとんどのサイトでは「冷蔵保存はNG」としていますが、ドッグフードの中に「乾燥剤」を入れたりしたり、冷蔵庫から出したら常温になるまで開けずに「温度差」がないようにすれば大丈夫との声もありました♪

給餌量は?

カナガン1袋は1.5kgなので、毎日50gずつ与えた場合30日分(およそ1ヶ月)となります。
★太りぎみの愛猫の場合 → 10%減らす

★痩せぎみの愛猫の場合 → 10%増やす

カナガンの給餌量は、このようにはなりますが、猫の体重や年齢、住環境によっても異なってくるようなので、まずは少ない量から与えて、何も問題もなければ、その体重に合った量を徐々に与えていくようにしましょう☆

お試し100円モニターがある?

通常ドッグフードは2キロ入り、キャットフードは1.5キロ入り(各 税抜3,960円)のみですが、先着各1,000名限定で、サンプルを試せるトライアルキャンペーンを実施中です!
その猫ちゃんのお口に合うかどうか分からないのに、通常サイズを買ってしまって、もしも食べてくれなかったら勿体なさ過ぎますよね^^;
そんな方のために、「お試し商品」があるのです!!なんとカナガンのサンプルを100円で試せるというのです☆
これは応募しないと損ですよね☆

値段は?楽天やAmazonがお得?

amazonは激安の商品が多いですが、カナガン代理店が決まっているようなので同じ会社が販売するなら公式の方が安くなるのも当然ですよね。
カナガンを一番安く手に入れる事が出来るのは『公式サイト』のようです。
Amazonでも購入は可能ですが、割引されていないようです。
また、ポイントが貯まるし、使う事の出来る「楽天」では残念ながら販売していませんでした!!
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です