キュリー夫人の名言は?功績はノーベル賞やラジウム?伝記や死因は?

Pocket

キュリー夫人は、放射能を研究、ラジウムとポロニウムの発見をして、ノーベル賞を受賞した人です。

◆キュリー夫人とは?

キュリー夫人(1867-1934)
マリー・キュリー(Marie Curie,ポーランド名:マーニャ。旧姓スクロドフスカ/Manya Sklodowska)

1867年11月7日、ポーランドのワルシャワに生まれました。当時ワルシャワはロシアの支配下。
父親は科学教育者でジョゼヴ中学の教師をしており、また母親も教師をしていました。

マリアは優秀な成績で高校を卒業しますが、すぐに進学できない時代だったので、
18歳で住み込みの家庭教師をしながらパリ留学のために貯金をします。

スポンサードリンク

1891年11月、彼女はパリ大学に入学します(この時24歳)。
この頃から彼女はフランス風に「マリー」という名前を使い始めたといわれています。
1893年、物理学の学士試験に首席で合格。(翌年には数学の学士試験を2番の成績で合格)

1894年頃、研究する上で困っていた時に、友人からピエール・キュリーを紹介されてピエール氏の研究所を訪問。
学者ピエール・キュリーの助手に採用されます。
研究熱心な上に活発で聡明なマリーにピエールは心惹かれて、二人の愛は急速に深まることに。
この年マリーは実家の都合でワルシャワに一時帰国しますが、ピエールが早く戻ることを熱烈にアピールしたため帰国。
マリーはパリに戻った1895年7月には結婚してしまうことになりました(この時27歳)。

1897年年9月12日、長女イレーヌが生まれました。(後にノーベル賞受賞者となる)
1902年5月、ピエールはリウマチを悪化。
1903年、1903年にキュリー夫妻はノーベル物理学賞を受賞しました。(この頃待望の第二子を流産)
1904年12月6日、次女エーヴが生まれる。(後に作家となる)
1906年4月19日、ピエールが交通事故で急死(雨の中荷馬車に轢かれ、死亡)。
1911年、ノーベル化学賞を受賞しました。

ピエール(Pierre Curie)は、兄ジャック・キュリーと共同で行った磁性の研究で大きな業績を挙げ、さらに磁性体が温度を上げると磁性を失うことを発見します。
これを「キュリー点(温度)」と命名するなど若いうちから業績を挙げた優秀な物理学者でパリ市で物理化学の実験主任をしていました。
ピエールは圧電効果の研究もするなど、妻となったマリーとの共同研究では絶大な貢献の糧になったとのことです。

 

◆何をした人?功績は?

キュリー夫妻は放射能の研究を始め、2種類の放射性元素を発見しました。1つ目には「放射する」という言葉を語源とした<ラジウム>を、もう1つにはマリーの故郷であるポーランドにちなんで<ポロニウム>と名づけました。
この功績で1903年にキュリー夫妻はノーベル物理学賞を受賞しました。
「放射能の研究」によるもので先に発見したアンリ・ベクレル氏や夫のピエール氏との共同研究の結果として3名で受賞しています。

夫のピエールが事故死した後も、キュリー夫人は研究を続け、夫の後を継ぎ女性初のソルボンヌ大学の教授となりました。
そして金属ラジウムの抽出に成功した功績を称えられて1911年にノーベル化学賞を受賞しました。
キュリー夫人は2度ノーベル賞を受賞した初めての人になりました。

アンリ・ベクレルは、1896年、ウラン塩の蛍光を研究中に、ウランが放出した放射線(アルファ線)を偶然発見しただけです。
ベクレル氏は放射能という現象を世界で最初に見た人になります。
その後、実際に放射線の研究を続けていたのがキューリー夫妻だったのです。

 

◆ラジウムを発見?

ラジウムの発見された年<1898年>
ラジウム(英: radium)は白色の金属で、空気中で簡単に酸化され暗所で青白く光る。化学的性質などはバリウムに似ている。
放射線を出しているため、ラテン語の radius にちなんで命名された。

1895年11月8日ドイツの大学で放電現象の実験をしていたレントゲン氏が、物質を通り抜けるものの目には見えない光線のようなものを発見し、この光線をエックス線と名付けました。
エックス線発見の数カ月後。
蛍光物質の研究者フランス人のベクレル氏は、ウラン鉱物と一緒に引出しにしまっておいた写真フィルムが感光していたことで、ウラン鉱物がエックス線に良く似た光線を放射していることを突き止めて、この光線をベクレル線と命名する。

現在の科学的な感覚を持ってすれば危険なことですが、単に引き出しに危険で有害なウランをしまっていたことの偶然から、世紀の大発見は生まれるものなのですね!。

1897年~1902年、ベクレル線発見から程なくキュリー夫妻はウラン以外のほかの鉱石から同じ現象を探す実験を開始。


そしてピッチブレンドと呼ばれる鉱石から、ウランよりも強い放射能(ベクレル線)を示す元素の取り出しに成功して祖国ポーランドにちなんでこの元素を<ポロニウム>と名付けます。
さらにこのピッチブレンドからは、ポロニウムのほかウランより強い放射能を示す元素の物質の分離にも成功して、これを<ラジウム>と名付けました。

1903年、キュリー夫妻とベクレル氏は、放射能発見の業績により共同でノーベル物理学賞を受賞しました。
ベクレル氏はラジウム入りのガラス管をいつもポケットに入れて持ち歩き、ノーベル賞受賞から5年後、被曝が原因といわれる心疾患で55歳で亡くなっています。

 

◆危険性を知らなかった放射性物質の利用法

1990年代以前は時計の文字盤などの夜光塗料として利用されていた。

当時は、放射性物質の危険性に対する意識は、まったくゼロだったから当然ヒット商品でした。
ラジウムを肥料にすれば、味の良い穀物を大量生産出来るとか、ウラン薬やラジウム薬が店頭に並んだり、医師によるラジウム注射などの治療法が次々と開発されて、胃潰瘍やがんなどのあらゆる病気の治療として活用し始めました。
ほかにも、数々のラジウム関連商品としては、放射性歯磨き、放射性クリーム、青白く発光する化粧品や口紅、ラジウム入りチョコバーなどなどが販売されていたそうです。

放射能が人体に悪影響を与える物質であることを1920年代に入ってからようやく少しずつ解明され始めますが、ラジウムは、キュリー夫妻が発見してからまだ20年もたっていないため、新しい魅惑の物質にしか見えず、危険な有害物質とは誰も考えを持っていませんでした。

ちなみにキュリーの長女イレーヌもその夫ジョリオ・キュリーとともに人工放射能の発見で1935年ノーベル化学賞を受賞しました。
しかし残念なことにイレーヌもまた白血病で命を落としています。

 

◆名言は?

キュリー夫人はある記者から問われました。どうして特許を取らなかったのかと。
その質問にこう答えたといわれています
「そんなこと出来ますか、科学の精神に反します。」
“Can such thing be done, it’s against scientific spirit.”
お金のために研究しているのではないことを、報酬=お金ではないことを示したかったのかもしれないですね。

個人の改善なくして、社会の改革はありません。
There is no social reform without personal improvement.

 

私達一人一人が改善していかなければ、素晴らしい社会の建設など不可能なのです。
おのおのが人生を切り開きながらも、同時に社会の役に立っていなければなりません。
人々の力になること、これは人類の共通の義務なのです。
When an individual isn’t improving us, wonderful social construction is impossible.
Though each opens a life, it has to be useful for society at the same time.
The thing people help and this are human common obligation.

 

人生の最大の報酬とは、知的な活動の財産です。
The biggest rewards in a life are assets of the activity that they’re intellectual.

 

偉大な発見は、いきなり完全な姿で科学者の頭脳から現れるわけではない。
膨大な研究の積み重ねから生まれる果実なのだ。
Great discovery doesn’t show from the brain of the scientist by the perfect form suddenly.
The fruit born from storage of an enormous study.

 

◆本は?伝記もある?

キュリー夫人に関しては「伝記」が数多く出版されていますが、読みやすそうなものを数点ご紹介します。娘さんの書かれた「キュリー夫人伝」もお薦めです。

「キュリー夫人」 (ポプラ社文庫―伝記文庫) 新書 – 1982/2
山本 和夫 (著)

「キュリー夫人」 (コミック版世界の伝記)児童書 – 2011/09
小林可多入 杤山修

「キュリー夫人伝」単行本(ソフトカバー) – 2014/7/19
エーヴ キュリー (著),‎ 河野 万里子 (翻訳)
娘の書いた伝記で、キュリー夫人没後4年の1938年出版されたもの。ポーランド脱出から、自由の国フランスでの学生生活、ピエー
ルとの出会い、育児と研究の両立に悪戦苦闘する日々などを中心とした内容で、ピエールとの純愛を貫き、二人の子供を育てた母と
しての女性像を描いている。

「キュリー夫人―輝く二つのノーベル賞 」(講談社 火の鳥伝記文庫) 新書 – 1981/11/19
ドーリー (著),‎ 武部 本一郎 (イラスト),‎ 桶谷 繁雄 (翻訳)
異国の都パリでの苦学時代。そのころの孤独を支えたピエールの愛。そして、愛する子どもたちの母として生きながら、放射能研究
による2つのノーベル賞に輝くキュリー夫人の、ひたむきに生きた姿を描く。

 

◆死因は?

1934年7月4日、キュリー夫人は66歳でこの世を去ります。
長年にわたる放射性物質の被ばくによって引き起こされた骨髄性白血病の為に亡くなりました。

キュリー夫人は研究のためにポロニウムとラジウムを肌身離さず小瓶に入れて常に持ち歩いていたことが有名です。
放射性物質の危険性が解明されていなかった当時は、
研究時においても放射線から身を守るような防護服などは着ていなかったようです。
長年の放射性物質に防護服も着ないで四六時中身につけて、普段着で被曝し続けたのです。

キュリー夫人の死後約30年間にわたり、彼女の自宅はパリ原子物理学研究機関とキュリー財団が使用していました。
1978年、家の中の放射性物質の危険性が明らかになり、政府の監視下に置かれ封鎖され、立ち入り禁止となります。
1991年、自宅と研究室の除染作業が完了したことを受けて、ノートなどの研究資料が屋外から初めて搬出されました。
この時でも、微量ながら放射能は残っていて、現在でも放射線は放出・検出され続けているそうです。
それだけ強い放射線を丸裸に近い状態で36年強も浴び続けていたのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です