カブトガニを食べる?毒は?日本など国は?血液が医療に?値段は?

Pocket

カブトガニを食べる?毒は?

東南アジアでは食材として普通に売られていますので食べることができます。
ちなみに、カブトガニはカニよりもクモに近い生き物です。
よく『毒がある』として日本では決して口にする事のない『カブトガニ』ですが、なんと!!このカブトガニを食べる国もあるというのです(´⊙ω⊙`)!
その味はどうなんでしょうか??
今回は気になるカブトガニについて詳しく調べてみましょう^^♪

日本でカブトガニは食べる?

日本国内特定の地域においては天然記念物として指定されています。
(佐賀県伊万里市、岡山県笠岡市、愛媛県西条市)
つまり、日本国内では食べてはいけないんですよね、基本的には。
日本ではカブトガニは『絶滅危惧種』にも指定されているうえに、しかも『天然記念物』として指定されているんです!ですから日本では食べる事は出来ませんね!
しかも食べた事がある人が、『美味しくなかった』と言う声が続出でした!(笑)
見た目もグロいのに、美味しくないんだそうです!!しかし東南アジアには『ゲテモノ料理』多いんですよね(笑)

カブトガニを食べる国は?

★ムラカ(マラッカ)
★タイ(バンコク)
★上海
 アジアで『カブトガニ』を食べる国は上記のようですね!東南アジア方面ならもっとありそうな気もしますが(”ω”)ノ
けど口コミによれば、日本でも昔は食べていた地域もあったとの噂もあるんです!!実際日本で食べた経験ある方教えて下さい!!(笑)

カブトガニの血液が医療に?

★医療機器、薬品の内毒素の検出
★HIV(エイズ)の治療薬
★輸入肉や牛乳などの食品の細菌汚染にLAL試薬が使用されています
★水道水、井戸水などの検査にLAL試薬が使用されています。
★宇宙分野
『カブトガニ』は医療として人間の体へ貢献しているようなんです!!しかもこれを最初に研究したのが『お札』でも有名な『野口英世』さんです^^
いまは、更に技術が進歩して色々な開発が試されているようです。こんな風に人間を助けてくれる『カブトガニ』ですから、絶滅危惧種に指定されているので、なんとか繁殖の方も進めばいいですがね☆大切にしたいですよね◎

カブトガニの血液の値段は?

『そして、カブトガニの血液の値段は、1リットルあたり130万円と高額だった!!
しかもカブトガニ1匹あたり400cc程度の血液しかない』
カブトガニはアメリカの病院などで売買さえているようですが、このお値段驚きですよね!!しかも、『絶滅』を防ぐためにカブトガニの体内から3分の1しか血液を採る事ができないので、カブトガニ3匹から血液を採取するということになりますね◎
しかし、その後また海に戻されるそうなんですが、その半数は死んでしまうんだそうです><
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です