サーフィン初心者のおすすめの場所は?持ち物や練習方法、ボートサイズは?

Pocket

サーフィン初心者の練習方法は?

最初はちょっと恥ずかしいかもしれませんが、足の着く浅瀬で練習から始めます。

多くのサーファーがやってきたことですから、中上級者は逆に「お?練習か?感心感心」くらいに思って見てると思います。

中には心優しいサーファーが教えてくれるかもしれません。

 

 

スポンサードリンク

 

 

サーフィンってカッコイイですよね^^♪

始めてみたいなぁ~と思った時、まったくの初心者はどうすればいいでしょうか?

まずは、『サーフィンスクール』に通ってサーフィンの用語や基本的なことを学んだ方がいいと思います(^_-)-☆

そしてその後、海で練習するとなったら、浅瀬でスープ(小さい波)に乗れるようにまずは練習しましょう!

初心者の人は中・上級者の人とぶつからないか、邪魔してしまわないか心配しますが、中・上級者とは選ぶ海やポイントが違うので初心者は安心して練習できますよ♪

 

サーフボードのサイズや選び方は?

サーフボードのサイズを選ぶ際は、長さ・幅・厚みを考慮する必要があります。

適切なサーフボードの選び方は、身長や体重を考慮するがありますが、身長、体重の影響度はサーフボードの種類により、異なります。

 

サーフィンにはサーフボードがあり、『ショートボード』『ロングボード』『ファンボード』の3つに分類されます♪

ボードの選び方は自分の体型に合ってるかと初心者かそうでないかで選ぶ種類も変わってきます◎

 

お店に行くと教えてくれますが、初心者におすすめされるのはロングボードやファンボードです♪

逆にショートボードは経験者になるので初心者にはおすすめできないようです( ˘ω˘ )☆

 

初心者の持ち物や道具は?

1、サーフボード

2、ラッシュガード

3、サーフパンツ

4、リーシュコード

5、水または温水

6、タオル

7、ワックス

 

こちらは夏を想定しての荷物になります!冬の場合ウェットスーツが必要になります♪

また冬ならフィンとかグローブとかも必要になってきます^^♪

 

スーツやボードはもちろん、中に着る水着、あと絶対忘れられないのが『命綱』でもある『リーシュコード』です!

これがなくてはサーフィンが出来ません!!

あとはサーフィンは日焼けをするので日焼け止めは必須です★

あとスーツと擦れて痛いという人はワセリンを塗ると効果あうそうですよ(^_-)-☆

 

初心者におすすめの場所は?

【千葉北】本須賀

【千葉北】片貝新堤

【千葉南】御宿・岩和田

【千葉南】平砂浦

【湘南】辻堂

 

サーフィンをする場所は初心者におすすめや上級者向けの場所などがあります。

初心者は初めから上級者がたくさんいる場所や波が高いところ、ショートボードとロングボードでトラブルが多いポイントもあるので注意しましょう!

 

またロング禁止のところやシークレットポイントなど、『ローカルルール』と呼ばれる、そこの海で泳ぐ上級者しか入れない海もありますので、初心者は初心者でも入れる海をリサーチしてから行くようにしましょう!

こう見ると『千葉』に多くありますね♪

ショートボードって?

ショートロングでは海での楽しみ方が全く違います。基本的にショートは中・上級者向けのボードです★

ショートは本体価格も一番安く持ち運びも便利で海での遊び方、波の乗り方の動き方が軽ので若い子に人気なんだそうです(*’ω’*)ノ

 

ですが、初心者にうちに乗ってしまうと沖に流されたり亡くなってしまう危険性もあるのがショートボードです( ˘ω˘ )

しっかり経験を積んでから挑戦するのがベターですね♬

 

テイクオフの足の位置は?

① 床の上で腹ばいになり、三角形を意識する!

② テイクオフの動作はゆっくり!『ワン、ツー、スリー!』

③ 前足体重にならない!

 

サーフィンと言えば『テイクオフ』ですね!テイクオフが出来るようになればサーフィンもますます楽しくなてくるでしょう♬

いきなり初心者がテイクオフは出来ないので、まずは上記のように陸で練習してから海で陸での練習を意識しながらやってみるようにしましょう(^_-)-☆

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です