海外移住のおすすめは?老後や女性、国や仕事は?月10万?年金や税金、失敗等

Pocket

日本語のみや、英語が話せない時は?

最近では英語力がない人でも海外就職することが可能です!

テレビ番組『幸せボンビーガール』英語力なし!貯金なし!

でも海外就職できるの番組を見た事がありますか?

 

 

スポンサードリンク

 

 

なんと!!日本語しか喋れなくても憧れのハワイに海外就職することが出来るのです(*^-^*)♪

その就職先はウェディングプランナーウエイトレス日本語だけのツアーガイドでした★

 

またハワイにこだわりがない人であれば東南アジアでも働き口がありました★

特にタイではテレアポなどでしたが、プール付きの高級マンションに住めて月収もそこそこ貰えるそうです♪

 

新卒の海外就職は?

メリット1. 英語が身につく(※職場にもよります)

メリット2. 日本が好きになる

メリット3. 事業アイデアが思いつく

 

こちらは新卒で海外就職することのメリットですが、もちろんメリットばかりではありません。

ですが、年々海外で働きやすくなってきたのは事実かと思います。

また、英語力はなくても先程話したように海外就職出来ますが、英語力があればあっただけ良い企業に就職することが可能になってきます♪

特に、アメリカなどの就職が難しいと言われるところであっても英語が堪能であれば就職することは可能です!!

また英語力がなくても東南アジアであれば比較的簡単に海外就職できるようになります★

 

海外就職の方法は?

★日系現地法人向け営業(B to B)

★駐在員候補は過去の経験が最重要!

★Webデザイン、ITエンジニア等

★金融関係・証券関係

★コンサル・監査業務・会計業務

★人事・労務・総務

★工場管理・品質管理・生産管理

★購買・調達

★海運・航空・ロジスティクス

 

これは主に手に職を持っている人たちですが、これらの経験をしてきたことがある方は優遇視されるようです♪

また、この他にも保育士や美容師、また英語能力が優れている人であればどこでも働くことが可能でしょう◎

 

そして英語が話せない人でもエージェントを利用すれば海外就職も可能です◎

また、日本語教師なども需要があるそうです♪

 

必要や有利な資格は?

★TOEIC

★調理師免許

★美容師免許・理容師免許

★保育士免許

★動物取扱業

★エステティシャン・ネイリスト

 

やっぱり強みとなる必須資格は『TOEIC』ですね!!

他にも上記の資格があれば海外就職しやすくなるようです★

他にあるといい資格は、簿記や会計、旅行業務、教員免許や日本語教師、貿易関係、Web系の資格なども働きやすい条件になるようです( ˘ω˘ )☆

 

ただ、資格や英語力がなくても最近はどんどん海外就職しやすくなってきたなぁとは思います!

 

大学はどうする?

海外就職を目指している人は高校生の時にこの問題に悩むでしょう。

日本にいながら外国語学科があるところや授業のほとんどが英語の学校もあります。

また初めから海外の大学に入学または編入することも可能です。

アメリカ圏への就職を考えているのであれば、こちらが一番の近道かもしれませんね( ˘ω˘ )☆

 

そして心配されている、海外大学は授業料が高いことですが、ちゃんと申請すれば所得の低い人は免除の対象にもなるようなので、学費の面で諦めなくても良さそうです◎

 

年金はどうなる?

海外移住で心配なことは年金や税金のことだと思いますが、まず『住民税』ですが、その年の1月1日にどこに居たかで決まります。

それ以前に海外に既にいたのであれば住民税を払う必要はないのですが、日本に居れば払う義務があります。

 

また日本の年金ですが、こちらは現地採用なのか派遣の駐在員かで違うようです。

国民保険も日本の方が優れていて海外であれば100%負担してくれるのですが、もしも手術になったり長期入院になってしまった時には解雇されてしまう事もあるそうです^^;

 

そういった場合クレジットカードについてる海外保険に入った方がいいこともあるので保険内容をしっかりチェックした方が良さそうですね(^_-)-☆

海外移住におすすめの国は?

移住しやすいオススメな国ランキング~

第1位 マレーシア

第2位 タイ

第3位 フィリピン

第4位インドネシア

第5位 カナダ

 

 

みなさんは海外移住したいと思ったことはありますか?

また、定年を迎えたら移住したいと考え、実際にリタイアメントビザで海外移住する人も年々増えてきています。

では、移住先でおすすめの国ですが、ランクインで上位にあがるのは東南アジアでした!

東南アジアは物価も安くある程度の貯金や年金を証明できれば移住も可能です。

 

私もいつかは海外移住したいなぁと情報収集しています^^♪

東南アジアが人気があるのは海が綺麗で、1年中温暖な気候が年配者には暮らしやすく人気なのかもしれませんね★

 

老後におすすめは?

結果として、フィリピン生活費が安く済み、ビザのハードルも低いので、住みやすそうです!

南国のフィリピンは一年を通して気温も良いですし、日本との時差も1時間だそうです。

 

トータルで考えるとビザの取得もしやすく生活費も安く済みます。

フィリピンは銃社会ですので治安面が心配になりますが、地方部や山間部はおすすめです!

私はセブ島に留学しましたが、老後はセブ島に移住したいなぁ★

なんて考えてます^^♪

 

外国人専用タウンがあり、ちゃんと警備員も居て庭付き1件家が100万程で購入出来るそうです♪

また、カナダやハワイ、ニュージーランドも移住しやすい国にランクインされてますが、東南アジアに比べ物価も高いので富裕層向けでしょう( ˘ω˘ )☆

 

女性におすすめは?

1位 ハワイ 15.3%

2位 オーストラリア 8.4%

3位 アメリカ 7.3%

4位 フランス 6.3%

5位 ドイツ 6.0%

 

女性におすすめの国の堂々の1位に輝いたのは『ハワイ』でした♪

芸能人や起業家の女性が多く住むイメージがあります!

物価は高いのでそれなりに貯金があるか、働き先がないと移住は厳しいでしょう( ˘ω˘ )

 

また、女性に根強い人気なのは『ヨーロッパ』方面でした!

フランスやイタリア、ドイツなどもランクインされていました♪

街並みや家具、料理などオシャレ好きな女性には人気が高いのがヨーロッパ圏なのでしょう^^♪

 

おすすめの仕事は?

★コンサルタント、webデザイナー、プログラマーなどweb系フリーランサー

★「クラウドワークス」などのクラウドソーシングサービスを使った在宅ワーカー

★海外で駐在員、現地採用で働く(転職・異動希望)

★老後の海外移住を年金だけで暮らす

 

海外移住する際には、暮らすために現地で働かないといけませんよね!

定年後であれば年金や貯金で暮らしていくと思いますが、若いうちからの移住となると仕事先を見つけなくてはいけません。

それにはどの国も共通の『英語』を話せることが大切です。

 

また、手に職を持っている美容師も職に就きやすいです。

他にはブロガーやアフェリエイターなどパソコン一つで稼ぐ人もいます。

若いうちに移住する場合は、仕事のことについて考え計画的に行動しましょう♪

 

月10万円で暮らせる?

1.フィリピン 8〜12万円

2.マレーシア 9万〜11万

3.タイ 10万〜

4.台湾 9万〜11万

5.インドネシア 9万〜11万

6.プラハ(チェコ) 9万〜11万

7.ポーランド  7万〜9万

 

やっぱりここでも、ダントツの人気は『東南アジア』でしたね♪

確かに上位3国、フィリピン、タイ、マレーシアは物価がかなり安いです。

ただし、タイは香辛料や味が独特また辛いのが苦手な人には厳しいかもしれません。

その点フィリピンとマレーシアの味は日本に馴染みのあるある味なので暮らしやすいと思います(^_-)-☆

 

また意外や意外、ヨーロッパなのに『プラハ』と『チェコ』が物価が安いとのことでランクインされていました♪

ただ、チェコは治安が余り良くないようなので、おすすめはプラハだそうですよ★

 

年金生活って?

タイの一般的な尺度であれば、ひと月に1万円の消費があれば富裕層だそうです。

夫婦二人なら2万円使うくらいで現地の人の富裕層に入れるわけですね。

 

生活費自体も月十万円あればなんとかなるようです。

これなら年金でもらくらく生活できますね。

 

こちらは『タイ』の情報ですが、年金だけで生活するのであれば、やはり東南アジア方面が人気なようです!

最近は50代以下の方のビザは取りにくくなってるようですが、30代や40代でも移住している人はいるようです★

東南アジアは安いですし、自炊よりも外食した方が安く済むので年金二人で20万もあれば悠々自適な暮らしができるようです^^♪

いいですねぇ~★

 

税金はどうなるの?

日本の所得税の課税基準は「居住者」かそうでないかという事です。

海外移住して節税効果を上げるためには、税法上の「居住者」という立場から脱することに意味があります。

 

完璧に「海外移住」した場合には税金が免除されることもあるようです。

しかし『非居住者』であることが前提なので『ロングステイ』では免除されないそうです。

税金は他にも国税や地方税などもありますので、移住する場合に調べてから行きましょうね♪

 

失敗例もある?

海外移住も『計画』を持って行動しないと破産してしまうこともあります。

良くある話しなのですが、定年後 タイやフィリピンなどに移住しましたが、安さ故に豪快に暮らし過ぎたり、また一番多くあるのが『女性問題』でしょうか!

女性に貢ぎ過ぎてしまい、お金が無くなった、またビジネスに失敗したなどの口コミもありました。

移住する際には計画的に、また羽目を外し過ぎないようにしなくてはいけませんね◎

 

準備や費用は?

★ビザ取得費用

★渡航費用

★荷物の輸送費用

★住まいにかかる費用

★保険にかかる費用

 

海外移住する際には滞在費用の他に上記の費用も必要となってきます。

それと同時にパスポートや完全に移住するのであれば、転居届や車の処分などの準備も必要になってくるでしょう!

また、英語が出来れば問題ありませんが、ビザの手続きをする際に翻訳費用のお金が掛かってきます!

また、大体は家具付きの家がほとんどなので日本からの荷物は極力少なくするのがいいですね★

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です