トレーラーハウスに住む?税金やデメリットは?小型や軽がおすすめ?牽引等

Pocket

震災などで仮設住宅として使用されたこともきっかけとなり、日本でも注目が詰まってきている、「トレーラーハウス」。

今回は、トレーラ-ハウスに住むという事についてを中心に見ていきましょう。

 

トレーラーハウスを住居にして住む?

長期間住むことを考えた場合最も有力な選択肢となるのがトレーラーハウスでの暮らしだ。

 

アウトドア好き、キャンプ好きな人にはたまらない話題ではないでしょうか?

これまで移動車として人気だった「キャンピングカー」でした。

ですが、長期間の住居となるとキャンピングカーよりも断然トレーラーハウスの方がお得なことが分かりました!!

 

「移動できる住居」として、最近じわじわと人気を集めている「トレーラーハウス」メリットやデメリットも含めてその魅力に迫ってみましょう(^_-)-☆

 

固定資産税が掛からない?

トレーラーハウスのメリットは、固定資産税がかからないことにある。

さらに、車両であっても自走できないことから、自動車税も納めなくていい。このように経済的な面からも大きなメリットがあるのだ。

 

これを知らなかった人は、このメリットの凄さに更にトレーラーハウスの魅力にはまるのではないでしょうか(*´з`)?

電機や水道、ガスも使えるのに様々な「税金」を収める必要がないのです!

 

「固定資産税」も掛からない上に「不動産取得税」や「自動車税」も納めなくて済むので、自由気ままに旅行したい人にはおすすめの物件だと思います♬

 

トレーラーハウスの写真を見てみると本当に一軒家みたいで驚きました!!

日本ではまだまだあまり見かけませんが、これから流行るかもしれませんね!(^^)!

 

デメリットは?

トレーラーハウスが車両であることのデメリットって?

★車高の高さ

★道が無いと納車ができない

★2階建てにできない

 

メリットもあれば、もちろんトレーラーハウスにもデメリットはあります((+_+))!!

 

上にあるような事柄が主なデメリットになりますが、「車高の高さ」はやはり下はタイヤとなっていて地面にしっかり着いていない分、「揺れ」が気になったり、寒かったりするようです。

 

ただ、最近では質のいい断熱材などもあり、徐々に一般の住居に近づいてきており、快適さが増してきているようですよ。

それに、実はタイヤが衝撃を吸収するという役割もあることから、「免震機能もある」とも言われていますよ。

 

また道が細い道は通れないこともあるので納車の際には牽引してくれる人と相談しましょう☆彡

 

トレーナーハウスにも色々な「規定」があるので、2階建てには出来ない事もまたデメリットなようです!!

屋根のうえに乗れるようにすることはできるようなので、トレーラーハウスならではの住み方を楽しみたいですよね(^_-)-☆

 

キャンピングトレーラーは小型や軽がおすすめ?

普通免許でOK!おすすめキャンピングトレーラー5選

★カラド「C161L」

★クナウス「デセオボックス Vエディション シェルタースタイル」

★バンショップミカミ「コロ」

かーいんてりあ高橋「水陸両用トレーラー MiniBig」

インディアナ・RV「エメロード376 Vエディション・シェルター」

 

ここに載せたのはほんの一部ですが、価格や好みの形によって自分にピッタリのキャンピングトレーラーを選ぶことが出来ます(*^^)v

 

また、なんといっても小型や軽だと750㎏以上から必要な「牽引免許」も必要ないですし、また小型や軽だと維持費や価格面でも安心なことから人気が高まっているようです(^^♪

 

牽引車両のおすすめはある?

★ハマーの車種

★ハイエースの車種

★ランクル200の車種

★ハイラックスサーフの車種

★エルグランドの車種

 

こちらが牽引におすすめの車の一部になります♬

ハイエースやエルグランド、ランクルなどの大型車がやはり人気なようです!!

トレーラーハウスを牽引するには小型や軽であれば日本でもうえのような車で可能ですが、まだまだ牽引についてはディーラーでも詳しい人がいないのが現状なようです^^;

牽引するには詳しく調べてみる必要がありますね!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です