エコノミー症候群の症状は?頭痛やしびれ?脚も!治療法や原因は?車も?等

Pocket

症状とは?頭痛やしびれも?

★エコノミー症候群とは、飛行機に乗った後に呼吸困難に陥ってしまい、ショック状態となるか突然死亡してしまうという病気のことです。 

★エコノミー症候群の症状は、深部静脈血栓症の場合は、ふくらはぎや太ももなど足の腫れが約半数、他には足の痛みやむくみ、しびれです。 

 

スポンサードリンク

飛行機に長時間乗った時や、最近でよく聞いたのは熊本の震災の時に長時間車の中で過ごした事によって、『エコノミー症候群』によって亡くなった人もいました!

胸の痛みや息苦しさを感じたらエコノミー症候群の赤信号だそうですよ!では、エコノミー症候群について対策も兼ねて、詳しく知っておきましょう◎

治療方法とは?

もしも初期症状を感じてエコノミークラス症候群だと診断された場合、どんな治療をするのかというと、これはよっぽどひどい場合を除いては薬で血栓を溶かす、という治療を行います。

★抗凝固療法

★血栓溶解療法

エコノミー症候群と診断された場合は積極的に治療に専念しましょう!

特に重症でない場合は上のように、薬での治療になります。

症状が重い場合にはカテーテルを用いての治療になり、それより重症化してしまうと外科的手術をする事になるようです(´・_・`)

脚の痛みは要注意?

初期症状では血栓はできていないですが、血流が悪くなり下記のような症状が現れます。

・足のしびれや痛み

・足の浮腫

・片足の軽い痛み

エコノミー症候群では、初期症状で『足』に様々な症状が出始めるようです。足に上のような症状が表れたら要注意ですので、気をつけましょう!!エコノミー症候群は重症化すると死に至る危険もあるので、初期症状が出始めたら早めに対処しましょう!

ちなみに症状が表れるのは2時間〜2週間だそうです!

車中泊や車の運転でも?

また、長距離移動時や車中泊の際は意識してないと水分補給の頻度が減ります

体内の水分が減少すると血液濃度が濃くなるため血液の流れがよどみやすくなり、

エコノミークラス症候群発症リスクが高くなります。

熊本の大震災の時もこの車中泊の影響でエコノミー症候群になり亡くなったとニュースで聞いた事があります。

長距離運転の時や車中泊をする時はこまめに休憩を取ったり、足を動かすなどの運動をしたりしましょう!また、水分もこまめに補給する事も大切ですよ^^♪

何時間くらいからが危険なの?

世界保健機関(WHO)は、いわゆる「エコノミークラス症候群」についての研究結果を発表した。飛行機、列車、バス、自動車などの座席で、4時間以上座ったまま動かないでいると、血栓ができる危険性が2倍に高まるという。

車であれば、サービスエリアや道の駅などで休憩を取りますが、飛行機での海外旅行となるとそうはいきません。トイレに立つなどして体を動かす必要がありますが、日本人の性格上遠慮がちで、席を立てない人もいます、あらかじめ席を選べる場合であれば、そのようなタイプの人は通路側を選ぶようにしましょう!また、着厚ソックスなどの対策グッズも忘れずに持って行くようにするといいですね^^♪

原因や対策は?

血栓ができるのは「長時間の足の運動不足」「乾燥」が原因と考えられます。

〜エコノミークラス症候群にならないために〜

★水分をしっかり摂る

★カラダをこまめに動かす

★ゆったりした服を着る

エコノミー症候群になりやすい人というのも分かりました!

肥満の人、糖尿病や生活習慣病、40歳以上の女性、背が低い人、タバコを吸う人、などもリスクがあがるようです!!

エコノミー症候群にならない為に長時間のフライトや運転、車中泊の際は、こまめに水分補給や体を動かし、またキツくない服装をし、足をマッサージしてあげたりして対策を取りましょう☆

また、水分補給といってもアルコールやコーヒー、紅茶の利尿作用があるものは避けるようにしましょうね!麦茶や水がベストです★

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です