リニアモーターカー開通はいつ?ルートや駅は?仕組みは電力?速度や見学は?

Pocket

開通予定はいつ?ルートは?

★いつ開業?

品川-名古屋間 2027年開業予定
品川-新大阪間 2045年開業予定

となっています。

ただ、品川ー新大阪間の開業を8年ほど前倒しにする方針もあり、予定よりも早期開業の可能性もあります。

 

★ルート、どこを通る?

リニア中央新幹線は、東海道新幹線に比べて内陸部を走り、東京と大阪をほぼ一直線で結ぶルートを通ります。

みなさんはリニアモーターカーをご存じですか^^?

リニアモーターカーは磁力で高速浮上走行し、東京~大阪間をなんと67Kmで走行する夢のような乗り物なんです!!

現在、夢の実現化に向けているそうです(*^^)v

 

ところで実際の開業予定は2027年、2045年と現在2017年ですから、もう10年~28年先の事になりそうですね★

もっと早まる話もありますし、楽しみですね(^_-)-☆

 

リニアモーターカーの仕組みは電力?

超電導リニアは車輪で線路を走るんじゃないよ。

新幹線と同じ16両なら420tもあるリニアを、超電導の力で、なんと10cmも浮かせながら時速500kmという超高速で進むんだって!

おどろきだね!

 

車体に「超電導磁石」を取りつけたリニアが「ガイドウェイ」を高速で通り過ぎるとき、「ガイドウェイ」の浮上・案内コイルに電気が流れ、磁石になるよ。

このとき、おたがいの磁石の力が引きあったり反発したりして浮き上がるよ。

磁石の力とか、理科系の難しい話が苦手な人のために、上のような子供向けの説明がありましたよ(*^^)v分かりやすいですね!!

私は理系ダメなんで、この説明は分かりやすいです(笑)

しかも、リニアモーターカーは自身の際も地上から10㎝浮いていることでガイドウェイに守られているから揺れることもないんだそうですよ!

これからの時代、電車も耐震性をしっかり考えているんですね!(^^)!

 

仕組みを子供向けに簡単に説明すると?

★リニアモーターカーは、磁石の反発力と引っぱる力で、うき上がる 

★車体が前に進むのも、磁石の引っぱる力と反発力を利用 

リニアモーターカーは、磁石の反発力と引き合う力を                      組み合わせて、車体をうかせ、前に進ませているのさ。

先程のリニアモーターカーについての『仕組み』も子供向けですが、大人でも分かりやすいように説明されているサイトがありますので、そちらを是非、参考にしてみてくださいね!

ちなみにこちらは「自由研究用」に書かれたものです。

また、オモチャの会社の「タカラトミー」でも分かりやすく説明していましたよ♬

 

リニアの速度は?

その鉄道磁気浮上式において、最高時速の世界記録が更新されました。

そのスピードは、なんと時速約1018km! 単純計算ながら、東京ー大阪間を30分で結ぶ恐るべきスピードです。

この実験はアメリカのニューメキシコ州で行われたようです♬

東京から大阪間を30分で進むとは夢のような話しですよね!!

ちなみにこれまでで最高速度はJR東海で2015年に記録した603㎞だそうですよ!!

新幹線を越える夢のような乗り物に乗れる日が今から楽しみですね(*´з`)♪ 

 

開通予定ルートや駅は?

今現在確定しているのは

品川、相模原、甲府、飯田、中津川、名古屋6箇所を想定しています。

まだまだ仮定状態ではありますが、今のところ「Cルート」で走行を想定しているとの事でした!

まず、これが実現可能にあれば全国各地に走行するのかもしれませんね☆彡

 

リニア見学センターって?

山梨リニア実験線での走行試験の様子を見学したり超電導リニアやリニア中央新幹線の概要を模型や各種の展示物等によって紹介し来館された皆様に次世代の高速鉄道と言われる超電導リニアについて理解をしていただけるようになっております。

「山梨県立リニア見学センター」にてリニアモーターカーについて詳しく見学できるようになっているみたいですね(*´з`)

親子で見学もいいかもしれませんね♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です